「学生の日常を伝える」
経営学部生によるCM制作プロジェクトの集大成!
~Part1:完成披露発表会編~

2021.09.02

「学生が創るCM制作プロジェクト」の集大成として、CMの完成披露発表会と表彰状授与式が、2021年8月6日にナレッジコモンズで開催されました。このCM制作プロジェクトは2021年5月から、経営学部の有志学生約30名が5つのチームに分かれて取り組んだものです。プロの映像ディレクターであるシャンソン氏による指導を受けながら「学生の日常が伝わる」クオリティーの高いCMを目指し準備してきました。
(学生ライター 外国語学部3年次 瀬戸 うた)
第2部「表彰状授与式」の様子は【Part2:表彰状授与式編】をご確認ください!

第1部「完成披露発表会」では、各チームが制作したCMの上映が行われました。 始めに、在間 敬子経営学部長から挨拶があり「企画から撮影、編集まで学生自身の手で行ってもらいました。経営学部の良さを伝えられるCMを期待します」と話されました。

次に、サプライズゲストとして黒坂 光学長が登壇し「京都産業大学の自慢は素晴らしい学生がたくさんいるということです。今回のプロジェクトは学生が主体となって大学を広報するというもの。こんなに頼もしいことはありません」と激励の言葉を送られました。
会場の様子
いよいよ学生が制作したCMの上映が始まります。

トップバッターは赤岡ゼミ・畑中班が制作した「Enjoy 京産 Campus」。30秒という短い動画でしたが、京都産業大学の魅力が最大限伝わるようなCMでした。キャンパス内を撮影し日常を撮ることで、大学の様子が伝わるように意識したそうです。
司会の質問に受け答えをする赤岡ゼミ・河野班
次に赤岡ゼミ・河野班が制作した「Days of kyoto sangyo university students」。2つの映像を1画面上に映し出すことで、2名の学生それぞれの日常の過ごし方の違いが見られるような構成になっていました。生活音を目立たせるためにBGMなしのシーンを作るなど、より日常を伝えられるような映像にすることを心掛けたそうです。
舟津ゼミが制作したCMの一場面 学生インタビューの様子
3番手は、舟津ゼミが制作した「経営学部生に徹底インタビュー。“食事、ついて行っていいですか?”」。既存のバラエティー番組のオマージュで、教室から出てきた経営学部生に突撃インタビューを行い、昼食代を支払う代わりにインタビューをするという内容でした。インタビューの練習を何度も繰り返し、自然体で受け答えしてもらえるような雰囲気づくりを心掛けたそうです。
4番手は、伊吹ゼミ・チームぼけが制作した「半透明だった僕へ」。主人公が大学生活を通して、さまざまな課題を乗り越えたり新しいことに挑戦したりすることで存在感のある人間になるという、まるで1本の映画を見ているようなCMでした。大学に入学して自分を変えていくということを可視化するために、始めは半透明の人物がだんだんとはっきり見えるようになっていくというアイデアを考えついたそうです。半透明の映像を撮るために同じカットを2回撮るなど、撮影や編集で苦労したそうです。

CM上映後に、見どころなどについて語った伊吹ゼミ・さくちゃん班
最後は、伊吹ゼミ・さくちゃん班が制作した「きっと見つかるあなたの青春」。映像にフィルターをかけて味のある映像になっていたり、曲に合わせて映像や写真を音ハメしていたり、まるでミュージックビデオのようなCMでした。高校生の共感を得るために「青春のエモさ」とは何かをメンバーで話し合ったそうです。エモさを引き出すための工夫が随所に見られ、キラキラした学生生活をイメージできるような映像になっていました。
★各チームが制作したCMは京都産業大学 経営学部チャンネル | YouTubeでチェック!★

第2部「表彰状授与式」では、表彰状授与や教職員とシャンソン氏による講評、メイキング映像の上映が行われました。
表彰状授与式の様子は【Part2:表彰状授与式編】をご確認ください!
PAGE TOP