教員紹介井上 博之

戻る

井上 博之INOUE HIROYUKI

情報理工学部 教授

学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学) 
専門分野
組込みシステムセキュリティ、インターネットセキュリティ

研究テーマ

家電製品や自動車に代表される組込みシステム(IoTシステム)やネットワークシステムのセキュリティについて、脆弱性分析、攻撃手法、防御手法などの研究開発を行っています。特に、コネクティッドカーや自動運転車における車載ネットワークやそのコンピュータであるECUの情報セキュリティについて、実車両を使った評価や実験を行っています。また、MaaSのような移動体サービスの実現に必要な情報をリアルタイムに車両から取出しクラウドに送信・蓄積する方式や、その通信プロトコルやセキュリティ上の課題についても研究を行っています。

担当科目

基礎プログラミング演習Ⅰ、基礎プログラミング演習Ⅱ、アルゴリズムとデータ構造、言語オートマトン、応用プログラミング(C)、情報理工学特別研究Ⅰ

プロフィール

大阪大学工学部電子工学科・電子工学専攻を修了し、大阪のメーカでUnixワークステーションのカーネルまわりの研究開発などを行っていました。奈良先端科学技術大学院大学で博士(工学)の学位をとり、しばらく東京のベンチャーで高速光ファイバーバックボーンネットワークの設計構築や機器のコンサルティングなどを行った後に、広島市立大学大学院情報科学研究科にて大学教員として働いていましたが、縁あって京都に。ソフトウェアとハードウェアの境界をどっちで実装するか、電子工作、車いじり、美味しいパンなどに興味があります。

学生へのメッセージ

 自動車や家電に代表される組込みシステムの製品やそこに使用されるCPUをはじめとする電子部品においては、世界的に見ても日本企業が強い分野です。組込みシステムがインターネットに常時接続すること(コネクティッド)が当たり前になってきており、そのセキュリティを担保することが重要な課題となっています。ネットワークの仕組みやプロトコルにも強いセキュリティ技術者は色々な分野で必要とされており、実車や実機を使いながらコネクティッドな組込みシステムに触れつつ実践的な研究を一緒にやってみましょう。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP