教員紹介平竹 耕三

戻る

平竹 耕三HIRATAKE KOZO

文化学部 京都文化学科 教授

学位
法学士(京都大学)経済学博士(龍谷大学)
専門分野
観光、文化、まちづくり、地方行政

プロフィール

私は京都市中京区で生まれ、幼少期を広島で過ごし、小学校6年生からは中京に戻り、地元の市役所で働いてきました。最後の13年間は、文化行政に身を置き、ネーミングライツ契約の交渉も含めてロームシアター京都や京都市京セラ美術館のオープンに力を尽くし、ロームシアター京都では初代館長も務めました。祇園祭後祭の復興、大政奉還150周年記念プロジェクト、東アジア文化都市事業、本学着任後も2022年3月まではアート×サイエンス・テクノロジーで未来を拓く「KYOTO STEAM—世界文化交流祭—」事業など様々に企画し、色々な場面にも立ち会ってきました。

私も旅行は大好きで、2021年には、3月に岡山県矢掛町に日本唯一のアルベルゴ・ディフーゾである矢掛屋を、10月に東日本大震災及び福島第一原発事故10年に当たって宮城県・福島県の被災地を、そして2022年2月には熊本県水俣市や天草を訪ねてきました。様々な人と出会い、自然の素晴らしさや人の温かさを感じるとともに、津波被害の物凄さ、原発事故や水俣病の今なお回復しない被害の現状など、多くを学びました。京都を本拠としつつも全国を視野に入れて、新しい時代の観光文化を研究し、それを生かす理想のまちづくりで地域が発展していく、そのことに研究や教育、実践で少しでも寄与できればと思っています。

研究テーマ

私の住む町内は、中京区の120mほどの道の両側なのですが、ご多分に漏れず、住人の減少と高齢化が進み、土地利用が激変して2019年に相次いで2軒のホテルが開業しました。まさに街の文化と観光、それらが両立するまちづくりは、私自身の問題でもあります。人が住んでこそ街なので、どうすれば街が変化を受け入れつつも永続できるのか、そのための土地の所有や利用はどうあるべきなのか、というのが学位論文以来の大きなテーマです。
京都に即していえば、どうすれば京都らしさと感じられる文化を持続可能にできるのか、地球に貢献するにはどういう政策を採るべきなのか、その際に観光に求められるものは何かなどについて、研究し、社会的な実践をしていきたいと考えています。
2020年に入って新型コロナウイルスの感染が拡大し、観光業は大打撃を受けました。観光だけでなく文化活動も大きな制約を受け、伝統文化や伝統産業の存続・発展に危機感を持っています。2021年6月からは科研費の採択を受けて、公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)と連携して、花街とそれを支える文化や伝統技術、産業、観光などのリサーチを行い、花街の文化を継承・発展させるための研究をスタートさせました。

研究活動・教育活動

科研費に採択された研究テーマは、「京都の文化観光資源である花街のコロナ後における伝統産業等と相関した復興発展の研究」です。3か年の研究になります。
京都の花街は、京都や日本の伝統文化と観光の一翼を担う存在として、広く世界に知られています。しかし、新型コロナウイルスの感染が広まったことにより、来客の減少、舞踊の会の中止などが生じ、経済的に困難な状況から、花街やこれを取り巻く関連業界が危機的な状況に陥っています。
そこで、花街と関連業界の復興に向け、まず花街と伝統産業や観光産業を中心とする関連業界との産業連関を調査します。それと並行して、現在の政策・施策について分析評価を加え、それら施策が十分でないと判断した場合、調査結果に基づき花街と関連業界のコロナ禍からの復興、更には継承発展という目的達成のために必要な政策の骨子を立案し、文化庁、経済産業省など国や京都市など地方自治体への提言につなげたいと考えています。

担当科目

文化政策論A、観光文化まちづくり論、観光文化概論、観光と文化財、おもてなし文化論、観光文化学PBL1、観光文化学PBL2、京都文化フィールド演習、京都文化演習Ⅰ、京都文化演習Ⅱ、京都文化論
<科目の詳細はシラバス検索より>

ゼミ活動テーマ

1年次のフィールド演習では、歴史的な出来事が起こった文化遺産、同世代が芸妓や舞妓として活躍する花街、海外では観光の目玉になっている美術館や劇場、将来を見据えるとますます必要性が高まる多文化共生の4つのテーマに沿ってフィールドワークを行います。
3年次以上の京都文化演習では、京都の観光の花とも言える「おもてなし」や花街を取り上げて、その神髄に迫ります。これらを学べるフィールドを自分たちで見つけ、そこに出掛けて、現場で耳を傾け、真摯に学び、場合によっては課題を把握し、学生ならではの視点で観光・文化・まちづくりを考えていきます。

学生へのメッセージ

京都というまちは懐の深いまちです。ここで学生生活を送れる皆さんはとても恵まれています。学生時代は、学問や友人との交友も大切ですが、自分を見つめ、社会のあり方を考え、社会人としての人生をどう歩むかを問い続ける時間でもあります。京都文化学科の皆さんはもちろんですが、そうでない学生の皆さんも、京都にどっぷり浸かって、自分に肥やしをあげてください。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP