教員紹介梶谷 真也

戻る

梶谷 真也KAJITANI SHINYA

経済学部 准教授

学位
博士(国際公共政策)(大阪大学)
専門分野
労働経済学、応用計量経済学

研究テーマ

『個人の時間配分と生産性・健康資本の格差』
時間の使い方は個人によって異なります。この研究では、余暇のうち積極的に活動した時間に注目し、睡眠やスポーツ、社会活動などの時間量や時間帯が個人の生産性や健康に与える影響を実証的に分析しています。

『中高齢者の就業と認知能力・健康』
これまでの中高齢者の就業を分析する経済学分野の研究は、年金制度や消費、介護との関係を明らかにすることに注目していました。この研究では、就業(労働時間)が認知能力や健康にどのような影響を与えるのかに注目して分析しています。

担当科目

労働経済学A・B、家計の経済学、演習など

ゼミテーマ

『労働市場・教育・社会保障の実証分析』
ゼミでは,労働市場や社会保障の仕組みと私たちの暮らし方(教育,就業,結婚,出産,介護など)との関係について,データを用いて実証的に明らかにしていきます.

プロフィール

生まれてから大学までの間を京都で過ごしました。2008年から東京に研究の拠点を移しましたが、10年ぶりに京都へ戻ってきました。現在の趣味はテニスです。硬式テニスを始めて6年ほどになります。週1回テニススクールに通って練習に励んでいますが、なかなか上のレベルのクラスに進級することができません。しかし、コツコツと努力を重ねることが重要だと自分に言い聞かせています。

学生へのメッセージ

考えることで人間は強くなります。勉強だけでなく部活やアルバイトなど学生生活で何か行動する時は、いつも「考える」ということを意識してください。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP