教員紹介池田 晃彦

戻る

池田 晃彦IKEDA AKIHIKO

経済学部 准教授

学位
博士(経済学)(京都大学)
専門分野
マクロ経済学、国際金融論

研究テーマ

『新興国の景気循環および金融危機対策』
アジアや南米など新興諸国の経済は世界的に重要性を増していますが、大きな景気変動や通貨危機・金融危機など不安定な要素も多くみられます。これらの国々が安定的に発展する方法を考えるため、なぜ景気変動が大きくなるのか、危機を防止するためにどのような政策が可能なのかについて、理論的・実証的に研究しています。

担当科目

マクロ経済学A・B、経済数学入門、ビジネスデータ分析、自己発見と大学生活(初年次)、演習など

ゼミテーマ

『国際金融とマクロ経済』

プロフィール

三重県出身で、大学入学時に京都に来ました。学部では文理問わずさまざまな授業を履修していましたが、ケインズの著作を輪読するゼミに参加し、経済学に興味を持つようになりました。彼の言葉にあるように、歴史、政治、数学などさまざまな要素が融合している点が、経済学の魅力だと思います。

学生へのメッセージ

大学での勉強は、高校までとは違ってどう活かせるのかが最初は分かりづらいかもしれません。ですが、役立つかどうかはあまり気にせず、興味を持ったものを何でも試していけば、自分の世界が広がり、やりたいことも見えてくると思います。京都産業大学は総合大学なので、専門外の分野も積極的に学んでみてください。

ホームページ

研究関連の詳細は、下記ホームページをご覧ください。


専任教員一覧に戻る

PAGE TOP