現代社会学部

取得可能免許と「目指す教師像」

  中学校一種免許状 高等学校一種免許状
社会 保健体育 公民 保健体育
現代社会学科    
健康スポーツ社会学科    

現代社会学部 現代社会学科が目指す教師像

現代社会学部現代社会学科では、次のような社会に開かれた実践的指導力を備えた教員を育成します。
  1. 社会学の学修を通じて、既存の常識にとらわれることなく、多様な観点から問題をとらえなおす社会学の視点を身につけている
  2. 学外での実践的な学修を通じて、客観的に社会現象や身の回りの出来事を分析する方法を身につけている
  3. 子ども達が必要とする社会的教養や社会を生き抜く力を養うための支援を提供し、子ども達を取り巻く社会的な問題解決に向けて積極的に行動することができる

現代社会学部健康スポーツ社会学科が目指す教師像

現代社会学部健康スポーツ社会学科では、次のような社会に開かれた実践的指導力を備えた教員を育成します。
  1. スポーツ社会学・健康スポーツ科学の学修を通じて、健康で活力ある社会を創造する視点を身につけている
  2. 学外での実践的な健康スポーツ活動を通じて、子ども達の心身両面にわたる健康の保持増進や健康スポーツによる地域コミュニティの醸成などに取り組む方法を身につけている
  3. 子ども達が必要とする社会的教養と心身の健康な身体作りの支援を提供し、現代社会の健康スポーツにかかわる問題解決に向けて積極的に行動することができる

2021年度専任教員担当授業科目一覧

※2021年度入学生適用課程の担当科目一覧を掲載しています。(2021年度休講科目を除きます。)
科目の内容は「シラバス」から検索できます。
研究者データベース

現代社会学部 現代社会学科

教員氏名 担当科目名
東 園子 社会学入門A、ジェンダー論
足立 薫 社会人類学
伊藤 公雄 メディア社会学
伊藤 理史 社会学入門A、社会学入門B
鍵本 優 文化社会学
加藤 敦典 東南アジア地域論A、東南アジア地域論B
河原 省吾 教育心理学、発達心理学、教職実践演習(中・高)
滋野 浩毅 地域社会学、北近畿学、観光社会学
柴原 弘志 倫理学概論、学級・学校経営の理論と方法、社会科教育法1・2、公民科教育法3・4、公民科教育法、道徳教育論、教育実習Ⅰ、教育実習Ⅱ、教職実践演習(中・高)、教職ゼミナールⅠA、教職ゼミナールⅠB
菅原 祥 社会学入門B
鈴木 康久 公共政策論、地域行政論
西川 信廣 コミュニティと学校、教職論、教育課程論、教職実践演習(中・高)
藤野 敦子 人口社会学、家族社会学
前川 真裕子 社会学入門B
耳野 健二 社会史、社会哲学、歴史社会学
山中 千恵 社会学入門A、ポピュラー・カルチャー論
脇浜 紀子 地域社会とメディア

現代社会学部 健康スポーツ社会学科

教員氏名 担当科目名
小川 まどか スポーツ実習(水泳)
奥田 睦子 スポーツ社会学、現代社会とスポーツ
加藤 えみか スポーツ実習(体つくり運動)、スポーツ実習(ダンス)、スポーツ運動学
国吉 恵一 スポーツ実習(剣道)、学校保健、教職ゼミナールⅢA
小室 輝明 スポーツ実習(陸上競技)
佐々木 究 スポーツ実習(ハンドボール)
髙梨 泰彦 スポーツ実習(バレーボール)、コーチング論、スポーツ技術・戦術論
濱野 強 地域社会と健康、公衆衛生学
廣瀬 勝弘 スポーツ実習(器械運動)、スポーツ実習(ラグビー)、スポーツ教育学、保健体育科教育法1、保健体育科教育法3、保健体育科教育法4
松永 智 スポーツ実習(ハンドボール)、運動生理学、運動医科学
村上 博巳 スポーツ実習(卓球)

2021年度非常勤教員担当授業科目一覧

※2021年度入学生適用課程の担当科目一覧を掲載しています。(2021年度休講科目を除きます。)
科目の内容は「シラバス」から検索できます。

教員氏名 担当科目名 学位等 業績
市丸 宏三 救急処置論 学士(医学)
(大阪医科大学)
(論文・共著)
「Stener lesionの術前診断におけるX線ストレス撮影の有用性」
日本手外科学会雑誌
28巻3号178-180 平成23年12月
笠木 丈 現代社会と宗教 修士(文学)
(京都大学)
(学術論文)
「『シャルリー・エブド』という罠:キャロリーヌ・フレストの「フェミニズム」とイスラモフォビアについて」『生存学』第9号, 生活書院, 2016年3月, pp.108-118
木田 京子 スポーツ実習
(ソフトボール)
修士(教育学)
(大阪教育大学)
(学術論文・共著)
「ソフトボール外野手のバックホーム返球時間に及ぼす下肢ステップ動作の影響(査読付)」「園田学園女子大学論文集(48)」,PP.43-52,2014年1月
(著書・監修)
『いちばんやさしいソフトボール入門』成美堂出版,2018年7月
栗本 史雄 自然地理学概論 博士(理学)
(大阪市立大学)
(学術論文)
栗本史雄(2013)和歌山県北西部,御荷鉾緑色岩類のK-Ar年代.地質調査研究報告, vol.64, pp.113-119.
栗本史雄・木村克己・竹内 誠(2015)紀伊半島高野山地域の地質と放散虫化石.地質調査研究報告, vol.66, pp.41-79.
田中 悟 政治学概論 博士(政治学)
(神戸大学)
(著書)
「会津という神話——<二つの戦後>をめぐる<死者の政治学>」(ミネルヴァ書房、2010年)
(共編著)
「平成時代の日韓関係-楽観から悲観への三〇年」(ミネルヴァ書房、2020年)
(学術論文)
「韓国葬墓文化の現状と課題」(2017年,『国際協力論集』第24巻第2号)
「現代韓国におけるナショナルな死者に関する一考察——民主化運動関連の死者を中心に——」(2015年,『政治経済史学』第579号)他
松田 繁樹 スポーツ実習
(サッカー)
博士(学術)
(金沢大学)
(論文・共著)
「Is it possible to improve collegiate soccer players’ jump ability? —A comparison of soccer and volleyball players’ jump height, arm swing, and body crouch in vertical and header jumps」[査読付]「Football Science, 12」,pp.1-10,2015年1月
「レジスタンストレーニングおよびプライオメトリクストレーニングが日本人高校生サッカー選手の各体力要素に及ぼす影響」[査読付]「トレーニング科学,31(1)」,pp.31-43, 2019年2月
横山 勝彦 スポーツ実習
(柔道)
教育専攻科修了
(京都教育大学)
(著書・共著)
「初めての柔道指導」武道教育研究会,2012年3月
(論文・共著)
「中学校武道必修化に向けての柔道指導プログラムの開発」「京都滋賀体育学会 京都滋賀体育学研究 第29巻第1号」,PP.23-28,2015年6月
PAGE TOP