文化学部

取得可能免許と「目指す教師像」

  中学校一種免許状 高等学校一種免許状
社会 英語 地理歴史 英語
京都文化学科    
国際文化学科    

文化学部 京都文化学科が目指す教師像

文化学部京都文化学科は、現在世界から注目されている日本文化、その中心的な位置にある京都文化について、歴史、思想、文学・芸術などの専門的な知識や手法により追究し、その知恵や魅力を国内外に発信することができる人材の育成を目指しています。
したがって、そのなかで養成される教師像も、グローバルな視点を持ちつつも、日本の伝統や文化を深く理解し、日本の社会・地理歴史に関する専門的な知識や能力を有し、かつ教師としての資質を備えた人となります。
教師の資質に関しては、明確な意志と情熱を持って教育に携わることができること、様々な問題に主体的に取り組み解決する力を有すること、向上心のあること、子どもに対する愛情と理解があること、コミュニケーション能力や協調性があること、学校現場はもとより地域社会に貢献できることが重要だと考えています。
日本の伝統文化、社会・歴史地理に関しては、大学での専門的な学びとともに、京都の街中でのフィールドワークなどを通して現実社会と向き合う中で、問題の発見や課題の解決について実践的な力を身に付けることが重要だと考えています。
これらの力を備えた教師が、私たちが育成を目指す教師像です。
 

文化学部 国際文化学科が目指す教師像

文化学部国際文化学科は、グローバル化する時代のなかで、「文化」を軸にものごとをとらえ、世界の人々と交流することができる人材の育成を目指しています。 したがって、そのなかで養成される教師像も、日本を含む世界の多様な文化を理解し、十分な英語運用能力と深い教養を持ち、かつ教師としての資質を備えた人となります。 教師の資質に関しては、明確な意志と情熱を持って教育に携わることができること、様々な問題に主体的に取り組み解決する力を有すること、向上心のあること、子どもに対する愛情と理解があること、コミュニケーション能力や協調性があること、学校現場はもとより地域社会に貢献できることが重要だと考えています。 英語運用能力に関しては、読む・聞く・書く・話す、の4つの面をはじめ、英語言語文化に関する高度な知識・技術を修得し、世界の人々と積極的にコミュニケーションをとり、交流しようとする意欲のあることが重要です。 そして、世界の文化(歴史・思想・文学・芸術など)を深く理解し、現代の国際情勢に通じることも重要です。 これらの力を備えた教師が、私たちが育成を目指す教師像です。

2021年度専任教員担当授業科目一覧

※2021年度入学生適用課程の担当科目一覧を掲載しています。(2021年度休講科目を除きます。)
科目の内容は「シラバス」から検索できます。
研究者データベース

文化学部 京都文化学科

教員氏名 担当科目名
石川 登志雄 京都の文化財、京都文化論
出田 和久 人文地理学概論、人文地理学特論、京都の歴史地理、京都文化特論Ⅵ、地誌学概論、社会科教育法3・4、地理歴史科教育法、京都文化論
奥野 圭太朗 京都文化論
雲岡 梓 京都文化論
ゴーベル ピーター 英語言語文化論A、英語言語文化論B、英語科教育法2、英語科教育法3
小林 一彦 京都文化論
笹部 昌利 日本史講読ⅠB、京都の歴史、日本食文化論、京都文化論
下出 祐太郎 京都文化論
鈴木 久男 京都文化論
灘本 昌久 京都文化論
成田 智恵子 伝統産業論、京都文化特論Ⅹ
平竹 耕三 おもてなし文化論、京都文化論
ペレッキア ディエゴ 京都文化論
マレス エマニュエル 京都文化論
村上 忠喜 文化政策論B、京都文化論
吉野 秋二 日本史概論、日本史講読ⅠA、京都文化論
若松 正志 日本史資料論Ⅰ、文化学概論、社会科教育法3・4、地理歴史科教育法、京都文化論

文化学部 国際文化学科

教員氏名 担当科目名
江尻 雅一 アカデミック・リーディングA、アカデミック・リーディングB、歴史文化特論B
大平 睦美 学校経営と学校図書館、学校図書館メディアの構成、学習指導と学校図書館、読書と豊かな人間性、総合的な学習の時間の指導法
小川 知恵 アカデミック・リーディングA、アカデミック・リーディングB、ベーシック・スキルズA、ベーシック・スキルズB、英語科教育法1、英語科教育法4
角田 豊 教育相談の基礎と方法、生徒・進路指導論
梶原 洋一 西洋史概論、ヨーロッパ文化論A
近藤 剛 文化学概論
志賀 浄邦 仏教文化A、仏教文化B
中 良子 英語文学特論A、英語文学特論B、文化学概論
中田 美絵 東洋史概論、アジア文化論A
中西 佳世子 英語文学論C、英語文学作品研究B、アカデミック・リーディングA、アカデミック・リーディングB
中野 永子 英語文学論B、英語文学作品研究A
ヒューバート ラッセル ポール アカデミック・ライティングA、アカデミック・ライティングB

2021年度非常勤教員担当授業科目一覧

文化学部 国際文化学科

※2021年度入学生適用課程の担当科目一覧を掲載しています。(2021年度休講科目を除きます。)
科目の内容は「シラバス」から検索できます。

教員氏名 担当科目名 学位等 業績
飯盛 康史 英語文学論A
インターミディエイト・リーディングA
インターミディエイト・リーディングB
言語社会学修士 (学術論文等)
1.The Fall of Chivalry and Rising Villainy in the First Tetralogy
2.『ガラテア』における異性装と不確定性
(書評)
1.John H. Astington, Actors and Acting in Shakespeare’s Time: The Art of Stage Playing
2.Shakespeare’s Great Stage of the Fool
梅田 肇 アカデミック・リーディングA
アカデミック・リーディングB
インターミディエイト・コミュニケーションA
インターミディエイト・コミュニケーションB
M.A. in Linguistics
インディアナ大学
(著書)
1.『身近な外国語事情---英語を中心に(2013年9月 北樹出版)
(学術論文)
1.「大学での英語による授業実施:その有用性と問題点」(2020年3月『平安女学院大学研究年報』第20号)
2.「職場における英語使用に関する一考察:English+1(プラスワン)は必要か」(2016年9月『英語教育』第65巻6号 大修館書店)
3.「Asking Alumni,Faculty,and Students:how much is English Needed in and after University?」(2011年8月 『The JACET 50th Commemorative International Convention Proceedings』)
エドルマン クリストファー
マイケル
アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
アカデミック・リーディングA
アカデミック・リーディングB
インターミディエイト・コミュニケーションA
インターミディエイト・コミュニケーションB
M.S.Ed. (学術論文等)
1.Implementing Strategies to Facilitate Oral Communication
2.The Case for Cooperative Learning and Interaction in CBI Classrooms
3.Music: A motivator for underachieving EFL students?
4.Motivating students with content based instruction
5.Assessing the effects of interactive blogging on student participation
6.Assessing the Efficacy of Dictation Exercises to Improve SLA Listening in Japan.
7.Self-Efficacy, Motivation, and Perceived Importance of English as an L2 Among Japanese University Students.
8.Assessing the Efficacy of Extensive Reading During Study Abroad: A Time and Place for ER?
(著書)
1.English Expeditions Reading and Listening Skills.
2.Blue Sky-Elementary grades 5&6.
オニール バイロン レスター アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
インターミディエイト・コミュニケーションA
インターミディエイト・コミュニケーションB
M.Ed. (著書)
1.Academic and Media Skills
(学術論文等)
1.Autonomous English Language Learning Resources
(その他)
1.Self-Study Strategies for University EFL Students
キューゼル ジョン
マイケル
アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
インターミディエイト・リーディングA
インターミディエイト・リーディングB
M.A. (著書)
1.Intercultural Communication for a Sustainable Future
(学術論文等)
1.Effectiveness of Speed Reading Techniques for TOEFL iBT
(その他)
1.Communication Styles: An Important Aspect of Hidden Culture
坂田 憲治 京都文化特論Ⅴ 経営学士(立命館大学)  
佐藤 由隆 京都文化特論Ⅳ 博士(文学)
大阪大学
(著書(共著))
1.『増補改訂版 懐徳堂事典』(2016年 大阪大学出版会)
2.『懐徳堂研究 第二集』(2018年 汲古書院)
3.『教養としての中国古典』2018年 ミネルヴァ書房
(学術論文)
1. 五井蘭洲と中井履軒の格物致知論(2017年3月 東アジア文化交渉研究 第10号)
2. 懐徳堂学派の知行論(2017年10月 日本中国学会報 第69集)
3. 五井蘭洲の「敬」論についての一考察 (2018年2月 懐徳堂研究 第9号)
4. 中井竹山の文章観——懐徳堂の「博約並進」—— (2020年2月 懐徳堂研究 第11号
寺川 史朗 法律学概論 修士(法学)(中央大学) (著書(共著))
1.『憲法とそれぞれの人権〔第3版〕』(法律文化社、2017年10月)
2.『歴史から読み解く日本国憲法〔第2版〕』(法律文化社、2017年4月)
(学術論文)
1.「アメリカにおけるシティズンシップ教育の実践空間」(石田徹、高橋進、渡辺博明編『「18歳選挙権」時代のシティズンシップ教育』所収、法律文化社、2019年2月)
2.「『自己肯定感』をめぐる一面的アプローチへの憲法学的批判」(藤野美都子、佐藤信行編『憲法理論の再構築』所収、敬文堂、2019年1月)
3.「目指されるべき『教育』と憲法改革」(龍谷法学50巻4号、2018年3月)
長岡 徹郎 宗教学概論
日本思想
修士(文学)
(京都大学)
(学術論文)
1.「西谷啓治の宗教哲学における「体験と立場」の意義と位置づけについて」(「宗教学研究室紀要」第10号PP.107-126,平成25年11月)
2.「西谷啓治における悪の問題の深化について」(「宗教学研究室紀要」第12号PP.80-97,平成27年12月)
3.「西谷啓治における「宗教的要求」 西田幾多郎との比較から 」(「比較思想研究」第45号、平成30年)
(その他)
1.「井筒俊彦研究文献一覧」(澤井義次・鎌田繁編『井筒俊彦の東洋哲学』慶応義塾大学出版会、2018年)
西 美都子 アカデミック・リーディングA
アカデミック・リーディングB
インターミディエイト・リーディングA
インターミディエイト・リーディングB
文学修士 (著書)
1.「『シルヴィーとブルーノ』についての一考察——登場人物の状態変化を中心に——」
2.「『スナーク狩り』の構造——登場人物間の類似と相違——」
3.「“The Nightingale and the Rose”におけるWildeの芸術観」
4.「Lewis Carrollの夢:Alice's Adventures in Wonder landについて」
5.「アリスを通してみる不思議の国の狂気」
(テキスト)
1.『Fairy Tales』童話で学ぶ英語の四技能
(学術論文等)
1.Negative Creativity: Lewis Carroll’s “The Hunting of the Snark”
ハリス ジャスティン インターミディエイト・コミュニケーションC
インターミディエイト・コミュニケーションD
M.A. (著書)
1.The Effects of Short-Term Study Abroad on the Attitudes of Japanese University Students Toward Using English and on the Development of Cross-Cultural Understanding
2.Perceived intelligibility of Japanese loanwords by Japanese learners of English versus actual intelligibility
3.World Englishes and English as a Lingua Franca in Japan: Current attitudes of Japanese learners toward a Japanese English and intelligibility in international communication
4.World Englishes and Lingua Franca. Application in the English Classroom in Japan
5.Improving teacher talk through a task-based approach
ベズート マイケル アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
M.A. (著書)
1.Extreme Music
ヘルマン クリストファー アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
アカデミック・リーディングA
アカデミック・リーディングB
インターミディエイト・リーディングA
インターミディエイト・リーディングB
M.A. (著書)
1.30 Day English Course
2. Spoken English: Pre-Intermediate Course
(その他)
1.Learning Strategies for EAP Reading
ホヴェイン マーク
アントニー
アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
インターミディエイト・コミュニケーションA
インターミディエイト・コミュニケーションB
R.S.A. Certificate of T.E.F.L (著書)
1.Speak Out,Speak Out2
(学術論文等)1.Teaching Presentation Skills for Communicative Purposes
2.What, How and Why of Oral Testing
(その他)
1.Growing a Career
箕浦 成克 京都の宗教 学士(国際関係学)静岡県立大学  
山本 雅和 考古学入門
考古学A
考古学B
文学修士
(立命館大学)
(報告書)
『京都市埋蔵文化財研究所発掘調査報告2017-15 平安京右京三条三坊五町跡』(公財)京都市埋蔵文化財研究所 2018年
(学術論文)
「17世紀の京都のやきもの」『関西近世考古学研究』25 関西近世考古学会 2017年
「遺構から見た中世京都」『都市・建築と物質のあいだ 資料集』日本建築学会都市史小委員会 2018年
「平安京左京八条四坊一町の鋳造関連遺物」『鋳造遺跡研究資料 2019』鋳造遺跡研究会 2019年
「平安京宇京三条三坊の邸宅」『条里制・古代都市研究』条里制・古代都市研究会 第35号 2020年
「平安京・京都の市街地と周辺地域」『京都という地域文化』雄山閣 2020年
「考古学研究と日本史学研究-これからの連携に向けて-」『日本史研究』700 日本史研究会 2020年
(その他)
「応仁の乱・東陣」『上京 史蹟と文化』vol.53 上京区民ふれあい事業実行委員会 2017年
「出土した狐の土人形」『季刊大伊奈利』215号 伏見稲荷大社附属講務本庁 2017年
「【指月城】大地震で失われた城の姿を探る」『城びと』 2018年
(ウェブ記事)
「平安京右京三条三坊五町の邸宅」『リーフレット京都』№353 京都市考古資料館 2018年
「安楽寿院南陵及び深草十二帝陵、陵墓立入り観察参加記」『地方史研究』406 地方史研究協議会 2020年
「本能寺跡出土の瓦」『リーフレット京都』№380 京都市考古資料館 2020年
「伏見城城下町出土の桃山茶陶」『リーフレット京都』381 京都市考古資料館 2020年
リビー
ローレンス サイモン
アカデミック・ライティングA
アカデミック・ライティングB
アカデミック・リーディングA
アカデミック・リーディングB
インターミディエイト・コミュニケーションA
インターミディエイト・コミュニケーションB
M.Ed. (学術論文)
1.Literacy and second Language Educational Programs in Minimal Resource Environments.
(査読有)(2017年3月 Reports from the Falculty of Clinical Psychology Kyoto Bunkyo University. Vol.9, pp.17-36)
2.Extensive Reading in English as a Foreign Language/ English as a Second Language Contexts.(2018年3月 Reports from the Falculty of Clinical Psychology Kyoto Bunkyo University. Vol.10, pp.17-38)
(その他)
1.Playing Games to Develop Language Competency
2.Gaming the Classroom
3.Using Boardgames as a Foundation of study
4.Handcrafted Books and Student Produced Graded Reading Libraries
PAGE TOP