生命科学部

日本食研株式会社

大崎 薫さん

2017年 総合生命科学部 動物生命医科学科 卒業

Keywords
メーカー、営業職、生命科学

生命科学の「考え抜く学び」は、どの分野でも生きる力に。

焼肉のたれやドレッシングといった「ブレンド調味料」や、食のプロにご利用いただく「加工調理食品」などの業務用商品を主力とする総合食品メーカーで、営業職として働いています。お得意先様の悩みや課題はそれぞれです。メニュー提案や商品開発を通じ、問題解決型の営業に日々取り組んでいます。
商品の良さをどう伝えるか、要望にどう応えるか。キャッチボールを繰り返しながら、お客様にとってのベストを探す日々です。

この仕事を選んだのは「自分のアイデアで商品に付加価値をつけられる」ことに魅力を感じたから。大学時代に学んでいた生命科学とは一見関連のなさそうな職種ですが、今も大学時代の学びが役立っているという実感はあります。

生命科学は「なぜ?」「どうして?」という疑問を延々と問いかけていく学問です。そして営業職もまた「なぜこの商品を勧めるのか?」「お客様はどうしてこのような要望をだしてくるのか?」という分析からはじまります。

京都産業大学では、実習のなかでさまざまな研究に挑戦しました。卒業研究では、ストレスが行動に与える影響や、その治療薬の効果などをラットの行動を観察することで研究していました。

まずは仮説をたてて実行し、実際の行動をみてなぜこうなったのかを考える。一つのメカニズムを解明するために、それを何度も繰り返します。「なぜ?」と考えるたびに、一歩ずつ前進していく手ごたえを感じられるのも、生命科学の醍醐味だと思います。

こうした大学での学びは今の営業職としての私のベースでもあります。お客様へのアプローチ方法をいくつも用意することからはじめ、マーケティングデータを集めて分析し、納得していただける結果へ導く。

実際はなかなか思いどおりにいかず、成立しない案件が多いのも営業です。「もっと客層にあう味はあるか?」「今までにないブレンドならどうか?」——失敗から学んで次の一手を考えるところも、生命科学と似ているかもしれません。

そうして絞り出した提案をお客様に認めていただけた時は、心の底から嬉しいです。トライ&エラーを繰り返しながら考えぬいた京都産業大学での日々は、確実に今の私を支える力になっています。



在学生へのメッセージ!

とにかくチャレンジをしてください。普段の実習やレポート作成でも、グループ学習の場合は役割分担をすることが多いと思いますが、そんな時はあえて難易度の高い役割に自ら手を挙げてみませんか。私は大変な「考察」のパートを担当することで、今に生きる「考える基礎」が身に付きました。学生時代に蓄えてきた力は、就職活動でも就職先でも、後々の人生で必ず役に立ちますよ。

※掲載内容は取材当時のものです。

他の「生命科学部」卒業生

生命科学部

アステラス製薬株式会社

井上 勇奎さん

Keywords
製薬、医療、研究
生命科学部

JT生命誌研究館

中井 彩香さん

Keywords
研究、企画
生命科学部

アドベンチャーワールド

青木 里帆さん

Keywords
サービス業、レジャー
生命科学部

東和薬品株式会社
営業本部

北村 幸奈さん

Keywords
医療、営業

新着一覧

外国語学部

防衛省

岡田 悠さん

Keywords
国家公務員、国防、安全保障
文化学部

石清水八幡宮

益谷 祈さん

Keywords
国宝、神社、祭り
法学部

ローム株式会社

古田 咲さん

Keywords
メーカー、半導体
経済学部

株式会社高島屋

吉野 昂介さん

Keywords
販売、経済学
経営学部

三菱食品株式会社

藤本 悠太さん

Keywords
メーカー、経営、マーケティング
経済学部

神戸市立井吹台中学校

岡棟 康太さん

Keywords
教育、教員
外国語学部

日本通運株式会社

垣内 昴さん

Keywords
英語、翻訳、国際輸送
文化学部

株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル

福本 宏樹さん

Keywords
観光、文化、インバウンド
情報理工学部

京都市役所

岩崎 あかりさん

Keywords
公務員、情報システム
法学部

舞鶴市役所

由里 正輝さん

Keywords
公務員、法律、観光
PAGE TOP