ボランティア保険

ボランティア活動中に自分自身が事故にあう可能性や、何か物を壊したり相手にケガをさせたりしたことで、責任を問われることもあります。
そんなときのために、ボランティア保険に入ることをおすすめします。
ボランティア保険は以下の内容を補償するものです。

  1. ボランティア活動中の事故によりボランティア本人が死亡もしくはケガをした。(傷害補償)
  2. ボランティア活動中に他人に対して損害を与えたことにより、損害賠償問題が生じた。(賠償責任補償)

団体で加入する場合は、参加団体に確認しましょう。一度加入するとその年度の3月末まで有効です。また、複数の団体で活動していても、加入は一度でかまいません。
個人で加入する場合は、最寄りの社会福祉協議会にて手続きを行ってください。

<補償内容・保険料>(参考)表記金額は、京都市の場合です。

  基本コース 天災コース
Sプラン Aプラン Bプラン 天災Sプラン 天災Aプラン 天災Bプラン
死亡・後遺障害
保険金
290万円 290万円 970万円 650万円 980万円 2,360万円
入院保険金日額 5,500円 6,500円 10,000円 5,500円 6,500円 10,000円
通院保険金日額 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 4,000円 6,000円
賠償責任補償
(身体障害・財物損壊共通)
1事故につき(支払限度額)5億円
(免責金額:なし)
特定感染症補償 上記、死亡保険金を除く
後遺障害、入通院保険金額に同じ
特定感染症葬祭費用 300万円限度(実費)
保険料 250円 300円 500円 450円 600円 1,100円

※保険料は、加入手続きをする地域によって異なります。
※補償内容について詳しくは、手続きをされる社会福祉協議会のホームページにてお確かめください。

PAGE TOP