貴方のその不調、PMS(月経前症候群)かもしれません!

月経の3~10日前に起こる、イライラや情緒不安定、胸の張り、むくみ、体重増加、眠気、不眠など精神的または身体的症状のことをPMS(月経前症候群)といいます。個人差がありますが、ほとんどの場合、月経が始まると症状が軽快もしくは消失していくのが特徴です。日本では月経のある女性の約70~80%がPMSの何らかの症状を持ち、5%が生活に支障をきたしているといわれています。

PMSのメカニズム

人によって大きく症状が異なるPMS。実はその原因ははっきりとわかっていません。 女性ホルモン「エストロゲン:卵胞ホルモン」と「プロゲステロン:黄体ホルモン」の急激な変動が関わっていると考えられています。デリケートな女性のカラダが、ホルモン分泌に影響を受け、その人の体質、体調により様々な症状となってあらわれるのです。

例えばこんな症状が起こります…

  • 水分をカラダに溜め込むホルモン(黄体ホルモン)が増えてむくみの原因になります。水分が乳房にたまれば乳房の痛みに、頭にたまれば頭痛、また水分がたまると、カラダ全体がだるく感じることもあります。
  • 女性ホルモン異常により脳内の「セロトニン」という物質が低下して、うつ症状やネガティブ思考など気持ちが不安定になります。
  • 生理前はインスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下し、血糖値が上がるため、この上がった血糖値を下げるために普段より多量のインスリンが必要になります。 そのため、食事から2〜3時間後に低血糖になりやすく、甘いものが食べたくなるなどの症状が出ます。
もし自分がPMSであると気づいたらどうしたらいいのでしょうか?少しでも軽くするためのセルフケアの基本は、不摂生な生活をしない、ストレスをため込まないようバランスの取れた食事をする…などライフスタイルの改善にあります。喫煙や過度のアルコール、カフェイン、塩分の取りすぎにも注意しましょう。乱れたライフスタイルは、PMSだけでなく免疫力を低下させ、いろいろな不調や病気の原因にもなります。適度な運動は身体の調子を整えます。ライフスタイルを見直して、PMSとも上手に付き合っていけるといいですね。その上で自分に合った方法を見つけていきましょう。

病院での検査について

基本は婦人科の分野になります。PMSは月経前に起こり、月経開始後に軽快することから、まずは月経周期との関連性をチェックします。基礎体温表があると診察がスムーズに行えるので、基礎体温を測定する習慣を身につけましょう。腹部もしくは膣からの超音波(エコー)検査で子宮、卵巣の状態を確認することもあります。

治療について

  • 生活習慣改善のアドバイス
  • 症状に合わせた対症療法(鎮痛剤、抗不安薬、利尿剤の内服)
  • 低用量ピルの内服
  • 漢方薬の内服
  • 抗うつ剤等の内服、カウンセリング

「生理前、生理中の症状はガマンするもの!」「みんな乗り越えているもの!」と教えられた方や、そう考えておられる方もよくいらっしゃいます。しかし、PMSを我慢する事で普段の生活ができなかったり、勉強やクラブ活動などに支障が出てしまったりすると、それ自体が大きなストレスになってしまいます。規則正しい生活、食事、睡眠などの生活スタイルを整えてみても、PMSが改善しなければ医師による治療が必要だと言えるでしょう。一人で悩まず、家族や友人に相談してください。つらい時は早めに受診してくださいね。

★婦人科はちょっと行きにくい、どこの病院に行ったらいいのかわからない等の質問がありましたら、保健管理センターに相談に来てください。医師、看護師がアドバイスをさせていただきます。

PAGE TOP