天文台とキャンパス見学(体験学習プログラム)

体験学習プログラムは、小・中・高校生の修学旅行向けの天文台体験学習とキャンパス見学が組み込まれたプログラムです。

開催日

火~金曜日開催

なお、本学の一斉休業期間と大学行事日などはお申込みいただけません。(詳細は、お問い合わせください。)

内容

午前の部(150分) 10:30~ 天文学習スタート
望遠鏡の見学
宇宙の立体映像
11:30~ キャンパス見学(※1)
休憩(ホール開放)
13:00 <終了>
オプション【学食体験(昼食)】13:00~14:00 (※2)
午後の部(150分) 14:00~ 天文学習スタート
望遠鏡の見学
宇宙の立体映像
15:00~ キャンパス見学(※1)
休憩(ホール開放)
16:30 <終了>
オプション【学食体験(夕食)】 17:30~18:30 ※冬季は19:00~20:00(※2)
夜間の部(90分) 3月~9月
18:30~

10月~2月
17:30~
天文学習スタート
今晩の星空解説
天体観望
(雨天の場合は「望遠鏡見学」,「宇宙の立体映像」に変更)
質問タイム
3月~9月
20:00

10月~2月
19:00
<終了>
定員 60名(30名以上の場合は、2班に分かれます。)
※1 見学施設 (例)図書館→大教室→並楽館(厚生施設等)他
※2 学食体験 希望により受付(食事代は実費)

申込み方法

体験学習プログラム申込書をダウンロードして、ご利用希望日の2ヶ月前までにFAXまたは、E-mailにてお申込みください。
なお、体験学習プログラムの申込をご希望の方は必ず事前に電話にてご相談ください。(Tel.075-705-2952)

E-mailの場合

E-mail:shakai-renkei@star.kyoto-su.ac.jp
京都産業大学 社会連携センター 宛
※2016年10月1日、連携推進室およびリエゾンオフィスは「社会連携センター」に組織変更となりました。

FAXの場合

Fax.075-705-1960

プログラム詳細

<天文学習>

神山天文台

午前・午後の部共通

  •  「望遠鏡の見学」
望遠鏡は、どうやって光を集めているのかな?身近な光の性質(反射や屈折)についての理解を深め、世界第一線の研究に使用している口径1.3mの大型望遠鏡を見学します。

  • 「宇宙の立体映像」
立体メガネをかけて、今晩見える惑星へ近づいたり、銀河のまわりを回ったり、宇宙の果てまで旅をしてみよう。

夜間の部

  •  「今晩の星空解説」(講義)
季節の星座や、これから望遠鏡で観望する天体についての説明を聞こう。

  • 「天体観望」
望遠鏡にて、天体を観望します。月や惑星や、星の集団や、生まれたての星や年をとった星を自分の目で確認しよう。(季節や天候により、観望する天体は異なります。)

※夜間の部が悪天候で天体が見えない場合は、「望遠鏡の見学」、「宇宙の立体映像」、「天文の授業と質問コーナー」に変更となります。
なお、天文台内での飲食は、ご遠慮いただいておりますので、あらかじめご了承ください。

<キャンパス見学>

大学の様々な施設を見学します。
例えば、本学の図書館は正倉院をイメージして建築され、総ガラス張りの館内からは四季折々の風情を感じることができます。
館内には106万冊の幅広い分野の本や最新の設備を備えており、数多くの学部を持つ総合大学の知の拠点としての役割を担っています。

その他福利厚生棟機能を備えた並楽館で学食体験をしていただきます。
この学食体験では、3階の「LIBRE」(約500名収容)等で、大学生気分で学食を体験してください。
図書館
学生食堂
その他、高等学校などからの受験生向け大学見学会を実施しています。
入学センタースタッフによる大学概要・入試説明やキャンパスツアースタッフ(在学生スタッフ)によるキャンパス見学などを行っています。ご希望の場合は下記ページからお申込みください。

大学見学会(高等学校等対象)はこちら

お問い合わせ先

天文台とキャンパス見学
(体験学習プログラム)

京都産業大学 社会連携センター
Tel. 075-705-2952/075-705-1778
shakai-renkei@star.kyoto-su.ac.jp
※2016年10月1日、連携推進室およびリエゾンオフィスは「社会連携センター」に組織変更となりました。

大学見学会(高等学校等対象)

京都産業大学 入学センター
Tel.075-705-1437
info-adm@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP