国際関係学部 第14回 ニュース解説ワークショップ開催報告(2020年1月16日)

2020.01.23

2020年1月16日の昼休みにスチューデントコモンズで、国際関係学部 ストレフォード 教授によるニュース解説ワークショップ「Are we in a Second Cold War?」が開催されました。

今回のワークショップでは、「世界は今、第二次冷戦期なのか?」をテーマに、核抑止、軍備拡張競争、貿易戦争など複雑に関連したこれらのキーワードを取り上げて、現実主義と自由主義、それぞれの視点からわかりやすく解説していただきました。

このワークショップ開催後に、米国と中国が「第一段階」の貿易協定に署名して「新冷戦」が回避されたことがニュースになりました。益々、両国の動きに目が離せなくなってきました。今回のワークショップに参加した学生からは、「貿易問題や軍拡問題が、現代の冷戦と関係している状況がよく理解できた。今後は、米国と中国の動きも注視していきたい」と感想が寄せられました。

2019年度のワークショップは今回で最終回になりますが、国際関係学部Webページ「国際関係教員によるニュース解説!」のコーナーは、今後もタイムリーな国際関係の話題を紹介していきます。乞うご期待!

核抑止について解説するストレフォード教授
軍備拡張競争について解説する様子
PAGE TOP