具承桓ゼミが韓国の東西大学の国際通商学科および国際物流学科と学術交流しました

2019.07.09

TAG:

トピックスゼミ国際交流教育経営学部

7月9日(火)の午後、韓国釜山の東西大学校(Dongseo University)のグローバルビジネス大学(学部)の「国際通商学科」「国際物流学科」の学生12名と教員2名が本学を訪問した。
学科長である韓(Han)先生によると、本プログラムは同学科が韓国の教育部の支援を受けた、海外大学学生交流プログラム」の一貫で、5年前より実施されているものである。昨年は同志社大学と、今年からは本学経営学部生との交流が加わった。

東西大学学生の発表風景1
東西大学学生の発表風景2
経営学部の具承桓ゼミナールの3年生が自動車産業における物流戦略に関する発表と、アマゾンジャパンのビジネスモデルにおけるロジスティクス戦略の重要性と現在の問題に関する発表を行った。東西大学の学生は、グローバル規模で拡大している超高齢社会における仕事の問題と持続的な社会実現のための政策に関する米・日・独の国際比較を行い、政策提案をした。さらに、韓国コンテンツ産業の状況と特色、戦略について発表された。熱い議論ができ、大変楽しく充実した時間を過ごすことができた。
具ゼミの学生にとっては、異国の同年代の学生の前で、英語によるプレゼンテーションの初体験。準備は大変だったが、大きく成長できる機会となった。また、中国からの留学生も含めた、3カ国の学生が熱い議論をとおして、友情を築く機会となった。
グローバル時代、グローバルな目線で物事を考える良い機会となり、来年も継続したい。東西大学の韓先生、李先生、本当にありがとうございました。
具ゼミ学生のプレゼンテーション風景1
具ゼミ学生のプレゼンテーション風景2
具ゼミ学生のプレゼンテーション風景3
交流会後、全員で記念撮影!
PAGE TOP