国際関係学部 FDワークショップを開催しました(6月19日)

2019.06.19

TAG:

トピックス教育FD/SD国際関係学部

6月19日に真理館の会議室でFDワークショップが行われました。前日に国際関係学部の教員が、鈴井清巳教授担当の「国際関係入門(経済領域)」の公開授業を参観したうえで、実施されたものです。

鈴井教授の授業は、4分割した運営がなされ、先週の復習(キーワードの確認)、今回の授業内容の(新聞記事を教材として用いた)解説、Question Time(5分)、授業テーマに関する動画の視聴、本日の総括という流れで進められました。

今回の授業テーマは、「イスラーム経済」。
鈴井教授は、常に教室を回って学生に質問を投げかけ、イスラーム市場に照準を当てたビジネスの現状を最新の新聞記事で紹介するなど、学生の興味・関心を喚起させ、学生が自ら主体的に授業に向かうような工夫を随所で行っていました。参観した教職員にとって、新たな気づきや今後の教育に生かせるヒントを提供する場となったようです。

公開授業:授業の冒頭、先週の復習から始める
授業中は、常に教室を回って質問を投げかける
その公開授業を踏まえたFDワークショップが翌日に開催され、そこでは、学生のノートの取り方や、Question Timeの効用等について活発な意見のやり取りがなされ、授業進行における動画視聴のタイミングの適切さや、パワー・ポイントの分かりやすさ、ノートを取るタイミングなど、非常に参考になったとの意見が多く出されました。
FDワークショップの模様
FDワークショップの模様

開設2年目となる次年度、国際関係学部では展開科目(国際関係に関する専門的科目)が多数開講されます。今回の研修を踏まえて、学生がより積極的に、より関心をもって授業に取り組めるようにすることが、私たちの今後の大きな課題だと思っています。

※FD活動とは、丁寧でわかりやすい講義を行うなど、教員が授業内容・方法を改善し向上させる組織的な取組みのことをいいます。

PAGE TOP