理学部数理科学科 談話会「Mathematica テクノロジーセミナー」を開催しました

2018.11.28

TAG:

トピックス研究理学部

2018年11月28日(水) 13:30 より、10号館10303情報処理教室において数理科学科談話会(※)を行いました。今回はウルフラム・リサーチ・アジア・リミテッド社より金光安芸子氏をお招きし、数式処理システム Mathematica の活用方法について実習形式で解説していただきました。

講演内容は線形代数や微分積分に関連した計算や、常・偏微分方程式の求積法、およびグラフやアニメーションによる可視化の方法など数理科学科に関係するトピックを中心に、サンプルプログラムを使って実際に計算しながら丁寧に進めていただきました。Mathematica は本学のパソコンにもインストールされているため、参加した学生や教員も授業等で一度は使ったことがあるようでしたが、授業ではあまり取り上げない便利な機能も数多く紹介され、また各種統計データの取得や機械学習によるパターン認識といった話題にも触れ、Mathematica で扱うことのできる対象や分野の広さに参加者も驚いているようでした。

休憩時間や講演終了後には、今回取り上げなかった話題や個人的な疑問点について講演者の方に直接伺う様子も見られ、セミナー全体を通して参加者は Mathematica の使い方をより深く学んだようでした。

(※) 談話会は、学内教員や研究実績のある研究者を招聘して定期的に講演会を行うことで、理学の最先端の研究内容に触れ、研究意欲の促進、教育・研究の質的向上を図ることを目的として実施しています。参加は、教員だけでなく、学部生、大学院生、その他一般の方々も可能です。

数理科学科談話会「Mathematica テクノロジーセミナー」の様子1
数理科学科談話会「Mathematica テクノロジーセミナー」の様子2
PAGE TOP