鳥取県と連携協力に関する包括協定を締結

2016.10.07

TAG:

トピックスキャリア地域社会
10月7日(金)、京都産業大学は、鳥取県と相互の連携のもと、就職支援、魅力創出・再発見による地域振興、京都産業大学の教育・研究・社会貢献活動等を推進することを目的に、連携協力に関する包括協定を締結しました。
併せて、地域活性化や教育・研究・社会貢献の相乗効果を図ることを目的として学校法人藤田学院及び鳥取県との大学間連携協定、神山天文台と佐治天文台(鳥取市さじアストロパーク)との教育・文化面の交流を推進するために鳥取市教育委員会との連携協定を締結しました。
鳥取県知事公邸で行った協定調印式には、鳥取県 平井 伸治知事、ふるさと鳥取県定住機構 池上 勝治理事長、鳥取看護大学 近田 敬子学長、鳥取短期大学 松本 典子学長、さじアストロパーク 小谷 繁喜所長、京都産業大学 大城 光正学長が出席し、協定書への署名を行いました。
今回の協定について、平井知事は「京都産業大学は『むすんで、うみだす。』をスローガンとしているが、鳥取県のような地域をむすんでいただいて、光栄である。」と挨拶を行いました。大城学長は「Uターン就職については一人でも多くの希望を叶えるよう鳥取県と協働していきたい。また、総合大学としての京都産業大学を活用してもらい、鳥取県の活性化に取り組んでいきたい」と述べました。
協定書にサインする平井知事(左)大城学長(右)
これからの連携協力にむけて固く握手を交わす、ふるさと鳥取県定住機構の池上理事(左)、大城学長(中)、平井知事(右)。
鳥取県及びふるさと鳥取県定住機構、鳥取看護大学・鳥取短期大学及び鳥取県、鳥取市教育委員会と京都産業大学の間で3つの協定が締結された。
出席者全員で記念撮影。当日は、同窓会鳥取県支部の卒業生も参加。
PAGE TOP