045
宇宙への興味星の魅力

神山天文台から観える星の美しさを
多くの人に伝え続ける。

  • 理学部 3年次
    秋山 和音さん
  • 理学部 3年次
    阪本 麻裕さん
  • 理学部 3年次
    佐藤 大透さん

文系理系問わず、宇宙や星に関心の高い有志の学生で構成される神山天文台サポートチーム。神山天文台に来館された方への案内や、天体の解説を行うなどのサポートをはじめ、学内外でのイベントの企画や運営を通して、宇宙や神山天文台の魅力を伝えている。

天体観望会ではどんなことを体験できるのですか?

阪本さん:毎週土曜日に神山天文台で開催している天体観望会では、国内の私立大学で最大となる荒木望遠鏡を用いた天体観望を実施しています。雨天時であっても、ミニ科学実験を開催したり宇宙シミュレーションソフト「Mitaka」を使った3D映像上映会を行ったりと、宇宙を体験することができます。暗闇の中で映像が映し出された瞬間、目の前に宇宙が広がり、まるで自分が宇宙にいるかのような感覚を味わえます。

秋山さん:初めて荒木望遠鏡で星を観た時も、「Mitaka」の上映会に参加した時も、その不思議な空間や目の前に広がる星の美しさに感動し、胸がいっぱいになったことを覚えています。この時の感動を今度はサポートチームの一員として多くの人に伝えるため、見どころを分かりやすく解説するようにしています。まだ神山天文台からの景色を観たことが無いという方はぜひ参加してみて欲しいです。

その他にはどういったイベントがありますか?

佐藤さん:学内で開催した地域の子どもたちに向けたイベントでは、子どもにも分かりやすいように、惑星の大きさを動物に例えた説明をしたり、塗り絵や星座早見盤、パズルなどの楽しみながら学べるコンテンツを用意しています。大人や子どもに関わらず、より多くの人に宇宙や星の美しさを伝えるのが私たちサポートチームの役目です。宇宙の魅力を一人でも多くの人に知ってもらうため、さまざまな工夫をしながら伝えています。また、このイベント以外にも各メンバーがそれぞれの企画を持ち寄り、話し合う場面も多くあります。内容はさまざまですが、そこに欠かせないのは宇宙や星を観る感動を「伝えたい」という思いがあります。メンバーで協力し合いながら、今後もさまざまなイベントを企画していきたいです。
秋山 和音さん
阪本 麻裕さん
佐藤 大透さん

今後の取り組みについての目標などを教えてください。

佐藤さん:実は、まだ実現していない企画がたくさんあります。例えば、宇宙のことをもっと手軽に楽しんでもらえるよう、動画コンテンツを用いた解説です。一見難しそうな印象がある宇宙の話を身近に感じ、楽しんでもらえるような内容を考えています。

阪本さん:私たちが宇宙や星の魅力を伝えるのに欠かせないのは、なんと言っても神山天文台の存在です。国内私立大学最大の荒木望遠鏡を強みに、神山天文台から観える景色の美しさを今後もより多くの人に伝えていきたいです。

秋山さん:観望会やイベントに足を運んでくださった方々に、わかりやすい説明をできるようになり、新たに興味を持ってもらえるような工夫を凝らしていきたいです。例えば、私が興味のある天体写真の企画を通して、自分が得た感動を届けていきたいです。

※掲載内容は取材当時のものです。

新着一覧

番組を有志学生でつくり地域のコミュニティFMでオンエア!!
本学の自然環境を活かして養蜂に取り組む
自分の強みと弱点を把握して世界トップクラスの選手たちに挑む!
コーヒーに彩られた京都の魅力を伝える特別展を開催!
学生と地域が一体になり京都のまちを活性化
地域活性化を目指し、町のシンボルを活かしたシャッターアートを制作
科学をもっと身近に。子ども向け体験イベントを開催
自転車に魅了された2人が世界を目指し奮闘!
「井手応援隊」として地域おこしに貢献
プロの演歌歌手として若い世代に想いを届ける
PAGE TOP