産学協働教育科目群(PBL系)

O/OCF-PBLとは

「O/OCF-PBL(On/Off Campus Fusion-Project Based Learning)」とは本学のキャリア形成支援教育科目の中でも特に課題解決科目群に位置づけられるものであり、課題解決活動を通じて実社会で必要とな る心構えや能力を身につけるために設定された科目です。大学での学び(On Campus)と実社会(Off Campus)での学びとを融合(Fusion)させながら、実践指向型の課題解決型学習(PBL:Project Based Learning)にて、1年次から3年次まで体系的な能力伸長を図るものです。特に、「O/OCF-PBL2,3」においては、「企業からいただいた課 題の解決」と「主体性や社会性の涵養をはじめとする能力の伸長」とを同時に達成することが目標となります。

O/OCF-PBLの流れ

O/OCF-PBL2を履修するための基礎力を身につける科目です。「個からグループ、グループからチームへ」をテーマに、担当教員が段階的に設定した課題に取り組みます。「自分自身への信頼を高める」「意欲的に他者と関係がつくれるようになる」等を目標に、自己成長トレーニングシステムを通じた人間関係構築力を身につけます。

企業や行政機関から与えられる課題にチームで6 ヶ月間挑戦し、最終成果報告会で企業へ解決策を提案します。その課題解決活動を通じて、「社会人基礎力」「自他肯定感」「自在に人と関わる力」「問題解決力」を身につけます。O/OCF-PBL1の単位を修得しておくことが履修条件になります。

O/OCF-PBL3 でも、課題解決に取り組みますが、企業などから与えられる課題は実際に社会人が直面するものと同程度の抽象的な内容になっており、難解です。何が解決すべき課題であるかを具体的に考えることから始まります。数々の難題を乗りこえながら実社会で知識や経験を応用していく力を磨き上げます。O/OCF-PBL1・2の単位を修得しておくことが履修条件になります。

O/OCF-PBL1

「個からグループ、グループからチームへ」

対象年次 1年次
開講時期 秋学期

大学生としての学修意欲と態度を形成した学生が、「個からグループ、グループからチームへ」を目指して段階的に設定された課題に挑戦します。実践的な課題に取り組むための準備段階として、「社会人基礎力」を発揮するための様々な行動スタイルを学内(On Campus)にて学びます。On Campusを中心とした学びを通じて、自分への信頼を培い、自ら行動できて、意欲的に他者との関係が作れるようになることを目指します。自己成長トレーニング・システムを通して個からグループ、グループからチームに向かうための人間関係構築力を育成・強化します。

O/OCF-PBL2

「O/OCF-PBL1」で培われた力をベースにして課題に挑戦

対象年次 2年次
開講時期 集中(4月~10月)

企業や行政機関から提供された課題に対して、チームで課題解決に挑み、最終成果報告会でその成果を報告します。課題解決の体験を通して「社会人基礎力」・「自他肯定感」・「自在に人と関わる力」・「問題解決力」を身につけます。学内(On Campus)だけでなく、学外(Off Campus)での活動が積極的に求められます。

O/OCF-PBL3

実践レベルの課題解決力の習得

対象年次 3年次
開講時期 集中(4月~10月)

これまで培った力、身につけた力をさらに伸ばします。提供課題は実際に社会人が直面するものと同程度に抽象的かつ難関であり、何が解決すべき課題であるかを具体的に考えるところから取り組みます。数々の問題を乗りこえながら実社会応用力を磨きあげます。

PBL課題事例・受講生の声・書籍

PBL課題提供企業等事例

O. 企業名 課題(テーマ)
1 株式会社JTB西日本
京都支店
京都B&S(Brother&Sister)プログラムの持続的かつ安定的な運営について
2 京都マラソン実行委員会 「京都マラソン沿道応援スタンプラリー」の課題を解決し、より楽しんでいただける企画として実施せよ
3 ヤマト運輸株式会社 「宅急便」を活用し、地域のお客様に貢献せよ
4 株式会社京進 『世界一魅力的な日本語学校』をプロデュースして下さい
5 京都移住計画 京都市北部に位置する「花脊(はなせ)」地域の活性化プロジェクトを実行せよ
6 高見株式会社
(TAKAMI BRIDAL)
Go over the limit! ☆結婚式を超えるネオ結婚式を目指せ☆
produced by TAKAMI BRIDAL & KSU 
7 株式会社ワコール 大学生が下着に興味を持ってもらうには、どうしたらよいか?
8 JOHNAN株式会社 女性が働きやすい職場環境を提案してください!

受講生の声

一人でがんばるあまりメンバーから不満噴出。
チームで取り組むことの重要性に気付くことができました。

法学部 法政策学科 2年次生
高橋 良昌 さん

12人のグループで「京都マラソン2017を京都市民にPRせよ」という課題に取り組みました。私はグループリーダーを務めましたが、メンバーのみんなと喧嘩したことが一番印象に残っています。「O/OCF-PBL」では、与えられる前に自ら課題を見つけて動くことが大切です。しかし、主体的になることを重視するあまり、メンバーに仕事を振らずに、すべて自分でやろうとしてしまいました。そのため活動が滞りがちになってしまい、メンバーからも「私たちも学ぶために参加しているのだから仕事を分けてほしい」という不満が噴出。精一杯やっているつもりだったのでショックでしたが、そのおかげでグループでの仕事の仕方について理解が深まりました。全員が協力するようになったことで厚い信頼関係と絆を育むことができ、企画の成功につながったと思います。

受講しはじめた当初は進路が決まっていませんでしたが、このPBLで実際に社会を経験することにより、自分が社会に出たときにどのような職種に就きたいか、という目標が見えました。また、メンバーや先生、社会人の方など、多くの人との出会いを通して新たな自分を発見できたと思います。今の自分に満足していない人は、ぜひ履修してみてください。

課題解決型授業への挑戦 ●プロジェクト・ベースト・ラーニングの実践と評価

本書は、キャリア形成支援教育科目「O/OCF-PBL」という、課題解決型授業(PBL)として企業等から提供される課題の解決活動を通じて、実社会で必要とされる心構えや能力を身につけることを目的に設定された科目について、その背景や運営方法、成果をまとめました。企業等から提供された課題を基にした授業の実践例や、PBL等のキャリア教育の受講における就職活動への影響などをデータや図表で掲載しており、このようにPBLの全容を体系的にまとめた書籍はほとんど前例がありません。なお、当該科目は、経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」にも選ばれるなど、全国的に見ても注目を集めています。

監修・編著

監修:後藤 文彦(ごとう ふみひこ)京都産業大学名誉教授
編著:
伊吹 勇亮(いぶき ゆうすけ)京都産業大学経営学部准教授
木原 麻子(きはら あさこ)京都産業大学現代社会学部准教授

登録情報

単行本(ソフトカバー): 272ページ/出版社: ナカニシヤ出版 (2017/4/30)
言語:日本語/ISBN-10: 4779511658/ISBN-13: 978-477951165
出版年月日:2017/4/14/定価:本体 3600円+税
商品パッケージの寸法:21x14.8x 2.5cm

企業人と学生のハイブリッド

リアルな仕事の流れを企業の若手社員とのプロジェクトで体感

対象年次 2~4年次
開講時期 秋学期

企業の若手社員と学生とのハイブリッド(Hybrid:混成、融合)による、人材育成を目指した授業です。企業の若手社員1名と学生3名が1つのチームになり、企業が抱える「リアル」な課題に挑戦し、リーダーシップ、プロジェクト・マネジメント、倫理的思考などを学びます。課題解決に向けた過程では、実社会で必要となる知識・スキルを培えることに加えて、「働く意義」についても理解を深めることができます。

PAGE TOP