産学協働教育科目群(インターンシップ系/むすびわざコーオププログラム)

むすびわざコーオププログラムとは

企業等で社員と一緒に働く15週間の長期有給インターンシップを核に、専門教育とキャリア形成支援教育を融合させた、コーオプ教育プログラムです。本プログラムは、世界標準をモデルにしたプログラムであり、学部の専門性を生かしつつ、受講生の個性を大切にしながら、社会・組織への適応力を実践的に身につけていきます。

むすびわざコーオププログラム概要

  • 2017・2018年度履修者:2年間(2年次~3年次)一貫型のプログラム
  • 2014~2016年度履修者:3年間(2年次~4年次)一貫型のプログラム

2年間(2年次~3年次)一貫型のプログラム ※2017年度以降履修者

対象:経済学部・経営学部・法学部
単位:30単位

年次 区分 共通教育科目 専門教育科目
2年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー1
(4単位)
 
秋学期 むすびわざコーオプセミナー2
(4単位)
インターンシップ事前研究
(2単位)
3年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー3
(2単位)
長期有給インターンシップ 国内/海外
(12単位)
秋学期 むすびわざコーオプセミナー4
(4単位)
インターンシップ事後研究
(2単位)

3年間(2年次~4年次)一貫型のプログラム ※2014~2016年度履修者

対象:経済学部・経営学部・法学部
単位:38単位

区分 共通教育科目 専門教育科目
2年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー1
(4単位)
 
秋学期 むすびわざコーオプセミナー2
(4単位)
インターンシップ事前研究
(2単位)
3年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー3
(2単位)
長期有給インターンシップ 国内/海外
(12単位)
秋学期 むすびわざコーオプセミナー4
(4単位)
インターンシップ事後研究
(2単位)
4年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー5
(4単位)
 
秋学期 むすびわざコーオプセミナー6
(4単位)
 

共通教育科目

むすびわざコーオプセミナー1~4

むすびわざコーオプセミナー1~6

長期インターンシップに耐えうる基礎的な力を身に付けることから始まり、社会に出てから、どういう状況にあってもミッションを任せられる能力と志を持った人材の育成を目的とした科目です。

専門教育科目

インターンシップ事前研究

専門領域での学びの方向性を認識し、それを踏まえて、長期就業体験で何を学べば良いのか、どのように取り組んでいけば良いのかを考えます。

長期有給インターンシップ(国内/海外)

国内、海外での15週間のインターンシップ。「むすびわざコーオプセミナー」や「インターンシップ事前研究」で、学生自身が作成する学習計画を踏まえた、職場実習に取り組みます。 実習期間中は、日報・週報・月報などの報告書を作成し、「むすびわざコーオプセミナー」での報告などに活用します。

インターンシップ事後研究

長期有給インターンシップの成果をより良いものにするために、学部の専門性を活かした事後研究を行います。受講生が、インターンシップ先において体験、観察してきたことをそれぞれの学部の研究フィールドで振り返り、インターンシップの成果としてまとめます。

受講生・担当者の声

受講生の声

経営学部 経営学科 4年次生
中村 浩基さん

大学1年生の頃、部活やサークル・アルバイトをしてこなかった私は、就職活動に対して漠然とした不安を抱えていました。その頃に出会って、本気で取り組みたいと思えたのが、「むすびわざコーオププログラム」でした。
面接のために初めてむすびわざセミナー室に訪れた際、真剣な眼差しで向き合ってくれる教授や熱く話し合いをしている先輩方とお会いして、「この人達と共に学び、学生生活を充実させたい」!と強く決心しました。

このプログラムではプレゼン大会・スピーチコンテスト・合宿等、沢山のイベントを学生が企画し「最良を求め最善を尽くす事」が求められます。学生が決める「この程度でいいか」ではなく、社会人でも通用する基準です。
担当教員である東田晋三教授は「学生だから」と言って甘やかさず、そのため先輩方も容赦無くダメ出しをしてくれます。最初は「なんでこんなに厳しくされる必要があるんだ」と疑問を持っていましたが、今ではその時間が自分の中で最も成長したタイミングだと思います。

15週間のインターンシップでは、「集客イベントを自ら企画し実行するため」にお世話になった企業の一員として働かせて頂きました。
私はイベントで沢山の人を集めるためには、遠くからでも目立って楽しそうな雰囲気を出すことが必要だと思い、オシャレな装飾やイベントの目玉となるような展示物を設置するよう提案しました。しかし「なぜその手段を選んだのか分からないから、どんなゴールを想像しているか伝わってこない」と社員の方から指摘されました。
そこからは社員の方に相談しながら、目立つイベントではなく「お客様のため」になるイベントとは何かを考え直しました。そして、店舗の課題を発見するために、様々な場所で行われているイベントに足を運んで、お客様の過ごし方や運営の方法を観察し比較しました。

途中、社員の方の厳しいフィードバックで自分を見失いそうになった時が何度もありましたが、そもそも自分は何のためにインターンシップを行っているのかを考え直し、そして他社で頑張る同期に負けまいと思うことで頑張れました。

大学では、自らの意思で決断することが増えます。そして、本気で「やりたい!」と意思表示する人にチャンスが回ってきます。とても勇気のいることですが、実際にやってみて振り返ると案外大した壁じゃなかったと思えるようになります。私はこれまで自分で決断することを恐れて、常に周りに判断を委ねてきました。しかし、むすびわざコーオププログラムに加入してから、自分と共に本気になれる教授や友人と出会うことで、大きく成長しました。プログラムに本気に向き合えた時間が私の学生生活を充実させ、将来への不安を期待へと変えてくれました。
最初から正解のある人生はありません。悩みに悩んだ末に自分で決断した選択の連続が、自分だけの答えを創っていきます。受け身のままでは、そのチャンスは回ってきません。自分らしい人生を創っていくために、自ら決断し意思表示をしてチャンスを掴んでみませんか。

※掲載内容は取材当時のものです。

スチューデントWeb

むすびわざコーオププログラム受講生が発信するWebサイト

担当者の声

田中 寧 経済学部 教授

最近は日本でも職場経験が注目を浴びています。ただし、本学としては、いわゆる「社会人基礎力」だけでなく、学部授業で培った専門性をも身に付けた上で社会に出てもらいたいと考えています。経済学部生の「インターンシップ事前・事後研究」では専門書や新聞記事を使って経済学という専門性とむすびわざコーオプでの職場経験を繋げる授業です。

中谷 真憲 法学部 教授

事前研究では、「常識」が分かったうえで、「オリジナルな発想」ができる人材育成を考えた授業を行います。そのために、産業研究、時事問題分析、リーディングを通じて、幅広いビジネス教養を積み上げます。また本物のスキルとは頭ではなく身体に落とし込むものであるため、企業インタビューなども組み込み、社会の中での、そして人生の中での「いま、ここにいる、私」の立ち位置を常に考えてもらいます。
実務能力の根本は、自己と仕事を俯瞰できる能力であり、夢想でしかないアイデアは現実化しません。他方で、理想を持たない仕事は人生を豊かにません。事後研究では、具体的なプロジェクトも組み込んで、「働くこと」についての本格的なシミュレーションを行い、理想と現実の間でどう振る舞い、どう仕事を進めていくべきかを深く考えてもらいます。

松高 政 経営学部 准教授

授業では、経営学部で学んだ専門知識を長期就業体験にどのように活用していくのか、発表・ディスカッションを中心に進めています。理論と実践を融合させる経験は、大学での学びを深めるだけではなく、社会に出てからの大きな武器になります。課題等大変なことも多いでしょうが、頑張って乗り越えていって欲しいと思っています。

小山 治 全学共通教育センター 准教授

日本の大学教育(特に人文・社会科学分野)は「(仕事に)役に立たない」と揶揄されることがあります。こうした中で、本学は、専門分野と(仕事を含めた)キャリアをむすぶことに自覚的に取り組んできた全国でも珍しい大学の一つです。
むすびわざコーオプセミナーの授業では、大学での学びを職業社会と関連づけ、専門分野を「役立てる」にはどうすればいいのかという問題意識をもつことが求められます。「役に立つ」かどうかという受け身の考え方ではなく、大学で学ぶアカデミックな知識・スキルを「役立てる」という主体的な考え方ができるようになることを目指しています。そのために、練習問題やグループワークを通じて、問いと仮説の立て方、データ分析(仮説検証)の方法等を学んでいきます。これにより、キャリアを形成していく上で不可欠な汎用的な能力を効率的・効果的に身につけることができます。

横森 匡弘 全学共通教育センター 教授

このプログラムは、「社会に出てどういう状況にあっても、ミッションを任せられる能力と志を持った人間になること」が目標です 。例えば、卒業後に企業への就職を考える多くの学生は「希望する企業に採用されること」を目標としていますが、両者の違いに興味があれば、是非チャレンジして下さい。

授業では、自分達が考えたテーマについてのディスカッション、プレゼンテーションを繰り返して掘り下げ、時には企業の方から「考えの甘さ」に対する厳しいご指摘を受けることもあります。目標への道のりは決して簡単なものではありませんが、その困難を乗り越えた時に得られるものの価値は大きいと考えます。

東田 晋三 全学共通教育センター 非常勤講師

課題にどう取り組むか?周囲とどう協力するか?
学生の「このくらいでいいだろう」は実社会で通用しません。多くの人が就職や社会人生活で直面するその壁に、ひと足早くぶつかって、失敗も経験しながら超えてもらいます。「むすびわざコーオプセミナー」では、それを念頭に指導にあたっています。納得するレベルまで何度でも“壊しては作り直す”その過程で学生たちは熱い議論とともに、敗北、悔しさ、衝突、軋轢、やり抜く喜びなど、さまざまな出来事を体験します。そうして、将来に生かせる汎用性の高い基礎力を着実に身に付けていきます。
PAGE TOP