オン・オフ・キャンパス領域 課題解決系科目群

O/OCF-PBLとは

「O/OCF-PBL(On/Off Campus Fusion-Project Based Learning)」とは本学のキャリア形成支援教育科目の中でも特に課題解決科目群に位置づけられるものであり、課題解決活動を通じて実社会で必要とな る心構えや能力を身につけるために設定された科目です。大学での学び(On Campus)と実社会(Off Campus)での学びとを融合(Fusion)させながら、実践指向型の課題解決型学習(PBL:Project Based Learning)にて、1年次から3年次まで体系的な能力伸長を図るものです。特に、「O/OCF-PBL2,3」においては、「企業からいただいた課 題の解決」と「主体性や社会性の涵養をはじめとする能力の伸長」とを同時に達成することが目標となります。

O/OCF-PBL1

「個からグループ、グループからチームへ」

対象年次:1年次 開講:秋学期

大学生としての学修意欲と態度を形成した学生が、「個からグループ、グループからチームへ」を目指して段階的に設定された課題に挑戦します。実践的な課題に取り組むための準備段階として、「社会人基礎力」を発揮するための様々な行動スタイルを学内(On Campus)にて学びます。On Campusを中心とした学びを通じて、自分への信頼を培い、自ら行動できて、意欲的に他者との関係が作れるようになることを目指します。自己成長トレーニング・システムを通して個からグループ、グループからチームに向かうための人間関係構築力を育成・強化します。

O/OCF-PBL2

「O/OCF-PBL1」で培われた力をベースにして課題に挑戦

対象年次:2年次 開講:集中(4月~10月)

企業や行政機関から提供された課題に対して、チームで課題解決に挑み、最終成果報告会でその成果を報告します。課題解決の体験を通して「社会人基礎力」・「自他肯定感」・「自在に人と関わる力」・「問題解決力」を身につけます。学内(On Campus)だけでなく、学外(Off Campus)での活動が積極的に求められます。

O/OCF-PBL3

実践レベルの課題解決力の習得

対象年次:3年次 開講:集中(4月~10月)

これまで培った力、身につけた力をさらに伸ばします。提供課題は実際に社会人が直面するものと同程度に抽象的かつ難関であり、何が解決すべき課題であるかを具体的に考えるところから取り組みます。数々の問題を乗りこえながら実社会応用力を磨きあげます。

企業人と学生のハイブリッド

リアルな仕事の流れを企業の若手社員とのプロジェクトで体感

対象年次:2~4年次 開講:秋学期

企業の若手社員と学生とのハイブリッド(Hybrid:混成、融合)による、人材育成を目指した授業です。企業の若手社員1名と学生3名が1つのチームになり、企業が抱える「リアル」な課題に挑戦し、リーダーシップ、プロジェクト・マネジメント、倫理的思考などを学びます。課題解決に向けた過程では、実社会で必要となる知識・スキルを培えることに加えて、「働く意義」についても理解を深めることができます。
PAGE TOP