教員紹介浦中 千佳央

戻る

浦中 千佳央URANAKA CHIKAO

法学部 准教授

学位
「博士(政治学)(トゥールーズ第一大学 キャピトル)」 Docteur en science politique
専門分野
警察学、政治学

出身校

山梨大学、トゥールーズ第一大学 キャピトル (フランス)

自己紹介

三重県出身です。語学、博士課程などを含めて、フランスに全体で15年間ほど住んでいました。住んでいた南西仏地方、トゥールーズという都市は学生が多い、ラグビーが盛ん、エアバス社がある街として有名で、非常に活気があります。
この様に学生時代が長かったので、未だ学生気分が抜けません。学生の皆さんとは波長が合うかもしれませんが、しかし、既に「団塊の世代Jr」という、いわゆる中年です。

私のゼミ

「社会安全学」というテーマで学生とゼミを進めています。「社会安全学」とは聞きなれない言葉ですが、安心・安全な社会を創生し、「生活の質」を守る学問です。
また、激動する21世紀を生き抜く上での知恵を学んでいければと考えています。

私の講義

座学では「警察学概論」、「警察政策論」、「刑事政策」を担当しています。 集中講義では「フィールド・リサーチ(社会安全)」、「司法における外国語の役割」を担当し、府県警本部訪問、消防署訪問、裁判傍聴を行っています。

私の研究

警察学というと聞きなれない学問ですが「警察とは何をしているのか?」という疑問の下、政治学、社会学、歴史学、文化人類学などの複数の学問分野を以て、警察を活動、組織、人の面から解剖、分析、研究します。
具体的には警察と社会、警察と政治の関係、地域警察活動、警察官の職業文化、女性の積極的登用と昇進、警察へのコントロールなどに対する研究が挙げられます。

京都産業大学を志望する皆さんへ

京都産業大学は自然に囲まれた場所で、周りには学生を誘惑する施設がありません。学問をするにはいい環境だと思います。大学教員も経験豊富なベテラン、新進気鋭の教員がうまく配された学習指導体制となっています。また、本大学は情報処理設備の環境が整い、自分で頑張れば、将来社会に出るときに必要なスキルが備わるでしょう。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP