教員紹介吉川 敬介

戻る

吉川 敬介YOSHIKAWA KEISUKE

国際関係学部 准教授

学位
博士号(学術:国際開発)
専門分野
開発経済論、ASEAN経済、地域研究(カンボジア)

研究テーマ

「途上国開発戦略と東南アジア諸国連合(ASEAN)経済統合の政策的整合性に関する検討」をテーマに、ASEAN経済共同体(AEC)の現状について分析を継続しつつ、ASEAN最終加盟国であるカンボジアを対象に、国内開発戦略と貿易・投資政策の整合問題について検討を進めています。またその一環として、「カンボジア経済の対外的影響に対する脆弱性」に関する研究にも取り組んでおり、カンボジアの産業・貿易・投資構造に見られる偏重問題の解明について研究を進めています。

担当科目

基礎演習Ⅰ・Ⅱ、発展演習Ⅰ・Ⅱ
東南アジア論Ⅰ・Ⅱ、地域統合論Ⅱ
研究演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
国際キャリア開発リサーチ

プロフィール

本学創設者である荒木俊馬先生と同郷の熊本を出身とし、神奈川での大学院時代、そして福岡での大学専任教員経験を経て本学にまいりました。基本的にインドアでゲームを趣味としていますが、こよなく愛してやまない酒と肴を今後も楽しむため、最近ではジョギングや散策などを通じて健康との両立をはかっています。

学生へのメッセージ

世界を取り巻く社会・政治・経済の環境は、目まぐるしい変化を見せつづけています。皆さんが暮らす日本は、新興市場が多く変化の激しいアジア地域に属し、政治経済の両面で古くから密接な関わりを有してきました。最近ではインバウンド政策や入管法改正による影響を前提として、国内にいながら国際的価値観を醸成することが求められる時代に突入しています。盛んに耳にする「競争」と「自己責任」の言葉をネガティブに捉えることなく、最大の武器となる「知識」と「情報」を貪欲に吸収し、「胆力」を以て自分なりの国際的価値観を養うよう心がけて下さい。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP