教員紹介植原 行洋

戻る

植原 行洋UEHARA YUKIHIRO

国際関係学部 教授

学位
経営管理修士(MBA)(早稲田大学)
専門分野
国際ビジネス、欧州経済・産業、中小企業の海外展開

研究テーマ

「日本企業が熾烈なグローバルビジネス競争の中でいかに勝ち残っていくか」をビジネス潮流を観察しながら常に考えています。(1)戦略の視点では中堅・中小企業の海外市場参入の初期戦略、(2)地域の視点では欧州ビジネスの動向、(3)世界の視点では世界中で発生するイノベーションという「3つの視点」からグローバルビジネスを追いかけています。

担当科目

基礎演習Ⅰ・Ⅱ、発展演習Ⅰ
国際ビジネス論Ⅰ・Ⅱ、国際経営論Ⅰ・Ⅱ
International Business Case Studies
研究演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
国際キャリア開発リサーチ

プロフィール

山梨で新種の葡萄を育種する一族に生まれ、珍しい葡萄に囲まれながら育ちました。高校時代に米国に1年間留学し、強烈な海外の原体験をしました。ジェトロに就職し、日本企業の海外ビジネス構築のお手伝いを東京、大阪、ロンドンで24年間行い、日本企業の直面する課題を目の当たりにしてきました。

プライベートではバイオリニストとしてオーケストラの響きの中にいることを至福の喜びとしています。テニスプレイヤーでもあり、Mansour Bahramiのようなプレイスタイルに憧れています。

学生へのメッセージ

諸先輩方が海外で築き上げてくれた「日本ブランド」。それを守ることができるのは皆さんしかいません。大学時代は社会が皆さんに与えてくれた特別ボーナスのような時間です。大いに友人と語らい、見聞を広め、体を動かし、頭を動かし、悔いの無いよう「フルスイング」してください。そして日本ブランドが輝き続けるために自分が貢献できることは何かを考えてみて下さい。

京都産業大学は皆さんがフルスイングできる多様な機会を用意してお待ちしています。


専任教員一覧に戻る

PAGE TOP