大学院進学・進路・就職

進路・就職支援の取り組み

高い就職率を支える2つの支援プログラム

本学の高い就職実績を支えているのが、産業界と密接に連携し、体系化された教育を行うキャリア形成支援プログラムと、企業とのベストマッチングをもたらす進路・就職支援プログラムです。これら2つの充実したプログラムを通して、学生が将来にわたって大学での学びを社会の中で活かす力を養い、社会や企業が求める人材を育成しています。

進路・就職支援プログラム

Face to Faceで学生と企業のベストマッチングを実現

進路・就職支援センターでは、多くの企業と情報交換しながら、学生と企業の双方が納得できる「ベストマッチング」な就職活動を支援しています。

キャリア形成支援プログラム

社会的・職業的自立に向けて基盤となる必要な能力・態度を育成

企業・団体と連携した科目を通して、実社会で求められる力をつけながら、主体的に考え積極的に行動できる根幹的な実力を養うことで、大学での学びを深化させ、卒業後も自ら考え行動する「社会で活躍できる人材」を育成します。

自ら考え行動する「社会で活躍できる人材」へ

1年次:自分を知る・未来を計画

2年次:社会と向き合うための準備をする

3年次:身につけたスキルを実践し、高める

4年次:卒業後のキャリアを具体的に描き、専門性を深める

大学院進学

専門分野の学びをさらに究めようとする学生の意欲に応えるため、最先端の研究活動を進め、ハイレベルな学識を養う研究科を設置。高度で専門的な職業能力を有する人材育成に力を尽くしています。

生命科学研究科 / 博士課程前期・後期

充実した設備と徹底した少人数体制で生命科学の最先端の研究に取り組む

生命科学分野で高く評価されている教員の指導により、自然界の真理を追究します。疾病の原因究明や食料・環境問題の解決などにつながる研究を通じ、グローバルな視点と正しい倫理観を有した技術者・研究者を育成します。

PAGE TOP