生命科学部

取得可能免許と「目指す教師像」

生命科学部で取得できる免許状の種類

  中学校一種免許状 高等学校一種免許状
理科 理科
先端生命科学科
産業生命科学科

生命科学部 先端生命科学科が目指す教師像

先端生命科学科では、生命科学の知識を単なる知識で終わらせることなく、応用力・実践力を伴う知力に高めて、生命科学に関する専門知識と技術を修得した人材を育成するため、体系立った講義ならびに実験・実習を主とするカリキュラムが組まれています。このような学科での教育と教職科目での学びを融合することにより、将来の社会を担っていく若者たちに、生命科学の知識等を基盤とした確かな理科の教科指導ができ、かつ豊かな教養と人間性、実践的指導力、そして高い倫理観をもつ教育者の養成を目指します。

生命科学部 産業生命科学科が目指す教師像

産業生命科学科では、生命科学と社会との関わりを正しく認識することで、生命科学に関わる諸問題の解決能力、ならびに生命科学の社会における活用能力を修得した人材を育成するため、初年次からの社会科学系入門科目の履修等、生命科学と産業・ビジネスとの接点を強く意識したカリキュラムが組まれています。このような学科での教育と教職科目での学びを融合することにより、将来の社会を担っていく若者たちに、生命科学の知識等を基盤とした確かな理科の教科指導ができ、かつ豊かな教養と人間性、実践的指導力、そして高い倫理観をもつ教育者の養成を目指します。

2019年度専任教員担当授業科目一覧

※2019年度入学生適用課程の担当科目一覧を掲載しています。(2019年度休講科目を除きます。)
科目の内容は「シラバス」から検索できます。 (2019年度新設のため、検索できない科目があります。)
研究者データベース

生命科学部 先端生命科学科

教員氏名 担当科目名
板野 直樹 生物学実験、先端生命科学実習2
遠藤 斗志也 化学実験、代謝生物化学、先端生命科学実習1
加藤 啓子 先端生命科学実習2
金子 貴一 生物学実験、先端生命科学実習2
黒坂 光 物質生物化学、先端生命科学実習1
白鳥 秀卓 生命科学概論、先端生命科学実習2
瀬尾 美鈴 生物学実験、先端生命科学実習2
髙桑 弘樹 生物学実験、先端生命科学実習1
津下 英明 化学通論B、化学実験、先端生命科学実習1
中村 暢宏 化学実験、細胞生物学、先端生命科学実習2
本橋 健 化学実験、先端生命科学実習2
横山 謙 化学通論A、先端生命科学実習1
潮田 亮 化学実験、先端生命科学実習2
川根 公樹 生物学通論A、生物学実験、先端生命科学実習1
高橋 純一 生物学通論B、生物学実験、先端生命科学実習1
千葉 志信 分子生物学、先端生命科学実習1
西野 佳以 化学実験、先端生命科学実習1
三嶋 雄一郎 先端生命科学実習2
河邊 昭 生命科学概論、先端生命科学実習1

生命科学部 産業生命科学科

教員氏名 担当科目名
木村 成介 日常生活と生命科学、生物学実験、教職実践演習(中・高)
佐藤 賢一 化学通論B、生命科学リテラシー、現代社会と生命科学、生物学実験
寺地 徹 現代社会と生命科学
野村 哲郎 生物学通論B、生命科学概論、現代社会と生命科学
浜 千尋 化学通論A、物質生物化学、日常生活と生命科学、生物学実験
前田 秋彦 生物学通論A、生命倫理、日常生活と生命科学
染谷 梓 化学実験、日常生活と生命科学

2019年度非常勤教員担当授業科目一覧

※2019年度入学生適用課程の担当科目一覧を掲載しています。(2019年度休講科目を除きます。)
科目の内容は「シラバス」から検索できます。(2019年度新設のため、検索できない科目があります。)

教員氏名 担当科目名 学位等 業績
篠原 忠臣 物理学通論A、
物理学通論B
博士
(物理学)
(学会発表)
  • コッセル回折法による荷電コロイド結晶の濃度依存性に関する研究、日本マイクログラビティ応用学会・第27回学術講演会(JASMAC-27・2013年11月29日・芝浦工業大学 豊洲キャンパス)
  • シリカ-ラテックス混合分散液におけるコロイド結晶のfcc-bcc相図、日本マイクログラビティ応用学会・第28回学術講演会(JASMAC-28・2014年11月27日・イーグレ ひめじ)
(解説)
曽我見郁夫・篠原忠臣・谷川正幸・伊藤研策・山中淳平、コロイド分散系の標準理論を再考する、Int. J. Microgravity Sci. Appl., p320202 (2015)
(論文)
谷川正幸・篠原忠臣・山中淳平・伊藤研策・曽我見郁夫、Kikuchi-Kossel法によるコロイド結晶の構造解析—微小重力下精密測定に向けて、
Int. J. Microgravity Sci. Appl., p320204 (2015)C. KAKIHARA, A. TOYOTAMA, T. OKUZONO, J. YAMANAKA, K. ITO, T. SHINOHARA, M. TANIGAWA and I.S. SOGAMI、Structural Characterizations of Charged Colloidal Crystals、Int. J. Microgravity Sci. Appl., p320205 (2015)
田中 里志 地学通論B 博士(理学)
(新潟大学)
(著書)
  • 「理科教員の実践的指導のための理科実験集」電気書院,2017年6月
  • 「京の石 川原の石図鑑」,地学団体研究会,2017年3月
  • 「地形の辞典」,朝倉書店,2017年2月
  • 「小・中・高一貫カリキュラムへの改革を先取りした理科の授業づくり」東京書籍,2012年6月
(学術論文)
  • 「珪藻化石から郷土の自然史を解明する学習の教育効果」京都教育大学・フォーラム理科教育18,2017年3月
  • 「愛知県八竜湿地の第3ボーリングにみられる堆積物の特徴」金城学院大学八竜湿地研究報告,2017年3月
  • 「京都府丹後半島西部の離湖の珪藻遺骸と海跡湖の環境変遷」京都教育大学・フォーラム理科教育17,2016年3月
  • 「愛知県八竜湿地ボーリングにおける堆積物の特徴と古環境」金城学院大学・八竜湿地研究報告,2015年3月
  • 「暦年較正年代による新潟砂丘列の形成年代の見直し」日本第四紀学会,2015年5月
  • 「京都府丹後半島西部の離湖ボーリングの珪藻遺骸と古環境の変遷」京都教育大学・フォーラム理科教育16,2015年3月
  • 「東海層群,ガウス−松山境界直上の亀山層上部から得られた古地磁気測定結果」愛知教育大学・研究紀要64,2015年5月
  • 「岩石磁気・古地磁気測定から示唆される東海層群のガウス−松山逆転層準」日本地質学会,2014年9月
  • 「鈴鹿川の御幣川流域に分布する東海層群の堆積環境」三重県博物館,2014年3月
  • 「Biotic response of benthic foraminafera in Aso-kai lagoon, central Japan, to changes in terrestrial climate and ocean  conditions (~AD 700–1600) 」Springer Science, Journal of Paleolimnology,2014年3月
  • 「鈴鹿市御幣川の御幣橋下流における東海層群亀山層の地質と古環境」三重県博物館,2014年3月
  • 「三重県亀山地域に分布する東海層群のガウス−松山古地磁気極性境界」日本地質学会,2013年10月
  • 「鈴鹿市御幣川流域に分布する東海層群の古環境」三重県博物館,2013年3月
新井 彰 地学実験 博士(理学)
(広島大学)
(学術論文)
  • 「Anti-Correlation of Near-Infrared and X-Ray Variations of the Microquasar GRS 1915+105 in the Soft Stat」Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.61,No.3、2009年6月(主著)
  • 「Optical and Near-Infrared Photometry of Nova V2362 Cyg: Rebrightening Event and Dust Formation」Publication of the Astronomical Society of Japan, Vol.62,No.4、2010年8月(主著)
  • 「The Transient Molecular Envelope in the Outflow of the Nova V2676 Oph during its Early Phase」Astrophysical Journal Letter,  Vol.780, L26、2014年1月(共著)
  • 「Explosive Lithium production in the classical nova V339 Del (Nova Delphini 2013)」Nature, 518, 381、2015年2月(共著)
  • 「Optical Low Resolution Spectroscopic Observations of T Pyx during the Early Phase of 2011 Outburst」Acta Polytechnica CTU proceedings, Vol.2、2015年1月(主著)
  • 「Formation of C2 and CN in nova V2676 Oph around its visual brightness maximum」Publications of the Astronomical Society of Japan, 67,178 、2015年4月(共著)
  • 「The 7Be II Resonance Lines in Two Classical Novae V5668 Sgr and V2944 Oph」, Astrophysical Journal, Volume 818, 191, 2016年2月(共著)
  • 「The spectral evolution of nebular phase from Nova V5668 Sgr」Journal of Physics: Conference Series, 771, 1, 2016年6月(共著)
  • 「The evolution of photospheric temperature in nova V2676 Oph toward the formation of C2 and CN during its near-maximum phase」Publications of the Astronomical Society of Japan, 68, 87, 2016年10月(共著)
  • 「Origins of Absorption Systems of Classical Nova V2659 Cyg (Nova Cyg 2014)」Astrophysical Journal, Volume 830, 30, 2016年10月(主著)
  • 「Mid-infrared Spectroscopic Observations of the Dust-forming Classical NovaV2676 Oph」Astronomical Journal, 153, 74, 2017年2月(共著)
  • 「Optical and Near-infrared High-resolution Spectroscopic Observations of Nova V2659 Cyg: Structure of Nova Ejecta and Origin of Two-distinct Velocity Systems」, Proceeding of Science,  "The Golden Age of Cataclysmic Variables and Related Objects IV",  315, 53, 2018年9月 (主著)
  • A Review of the Evolution of Classical Nova V2676 Oph: Formation of Molecules and Dust Grains, Proceeding of Science, "The Golden Age of Cataclysmic Variables and Related Objects IV", 315, 64, 2018年9月(共著)
大井 修吾 地学実験 博士(理学)
(京都大学)
(学術論文)
  • 「Experimental synthesis of isochemical kelyphite – a preliminary report.」 Japan Association of Mineralogical Sciences, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 2014年4月
  • 「Mg2Si2O6-CaMgSi2O6系相平衡とMg2Si2O6-Fe2Si2O6系の1気圧における相平衡」 日本鉱物科学会、岩石鉱物科学、2017年12月
老田 達生 化学実験 工学博士
(京都大学)
  • 両親媒性アジリジノフラーレン誘導体の合成とその膜形成挙動 (川瀬徳三・石田夕香・今津亜理沙・老田達生・南方聖司・寉岡亮治)  材料技術, 31 (1), 1-11. 2013
  • New Oxidation Methods of Carbon-carbon Double Bond to Dicarboxylic Acid Using Nitric Acid and Ozone  (Oida, Tatsuo; Okumura, Ayumi; Takeuchi, Daisuke; Huynh Ngoc Chau; Kawase, Tokuzo)  Material Technology, 31 (1), 17-26. 2013
  • Monolayer Behavior of Asymmetrical Ester-type Tartaric Gemini Amphiphiles  (Kawase, Tokuzo; Saito, Isao; Oida, Tatsuo)  Journal of Oleo Science, 62 (6), 371-380. 2013 ・Preparation of dicarboxylic acid-type gemini surfactant via Diels-Alder reaction & ozone oxidation   (Huynh Ngoc Chau; Kawase, Tokuzo; Oida, Tatsuo)  Journal of Oleo Science, 62 (6), 409-414.  2013
  • 二親水基型両親媒性アジリジノフラーレン誘導体の合成とその膜形成挙動  (川瀬徳三, 石田友香, 老田達生, 南方聖司, 寉岡亮治, 長町俊希)  材料技術, 32 (4),77-88. 2014
  • 塩化シアヌルをkey materialとする新規フッ素系界面活性剤の開発  (川瀬徳三, 上山晃弘, 老田達生)  材料技術, 32 (6), 161-168. 2014
  • Syntheses of Tartaric Acid-Based Hybrid Gemini Surfactants Containing Fluorocarbon and Hydrocarbon Chains  (Kawase, Tokuzo; Okazaki, Yuki; Sugo, Takeshi; Oida, Tatsuo)  Tenside Surfactants Detergents, 52 (1), 20-28. 2015
  • Synthesis of Succinic Gemini Surfactants and Effect of Stereochemistry on Their Monolayer Behaviors  (Kawase, Tokuzo; Kagawa-Ohara, Maiko; Aisaka, Tsunetomo; Oida, Tatsuo)  Journal of Surfactants and Detergents, 18 (4) 615-627. 2015
  • Hybrid Biosurfactant: Syntheses of Hybrid Corynomycolic Acid and Its Monolayer Formation  (Kawase, Tokuzo; Sumida, Sho; Oida, Tatsuo)  Tenside Surfactants Detergents, 52 (3), 219-229.  2015
  • Novel Fluorinated Gemini Surfactants with -Butyrolactone Segments  (Kawase, Tokuzo; Okada, Kazuyuki; Oida, Tatsuo)  Journal of Oleo Science, 64 (2), 169-182. 2015
  • Novel Synthesis of Anionic Gemini Surfactants from 1, 4-Diol as a Key Block Material   (Kawase, Tokuzo; Nakagawa, Mami; Higuchi, Yuuya; Oida, Tatsuo)  Journal of Oleo Science, 64 (9), 971-986. 2015
  • Synthesis and Properties of 1,2,3,4-Butanetetracarboxylic Acid Type Gemini Surfactants with Semifluoroalkyl Chain as Hydrophobic Group  (Kawase, Tokuzo; Nomura, Yoshifumi; Oida, Tatsuo)  Tenside Surfactants Detergents, 52 (5), 386-395. 2015
  • Bis(Trimethylsilyl)acetyleneを出発物質とする新規Hybrid Geminiの開発  (川瀨德三,神原奈央,老田達生)  材料技術, 33 (5), 102-107. 2015
  • Synthesis and Monolayer Behaviors of Succinic Acid-Type Gemini Surfactants Containing Semifluoroalkyl Groups  (Kawase, Tokuzo; Nagase, Youhei; Oida, Tatsuo)  Journal of Oleo Science, 65 (1), 45-59. 2016
  • Synthesis and Monolayer Behaviors of Novel Hybrid Corinomycolic Acid Containing Semifluoroalkyl Groups  (Kawase, Tokuzo; Tamaki, Kazuki; Oida, Tatsuo)  Journal of Oleo Science, 65 (7), 557-592. 2016
  • パーフルオロメチレン鎖を連結鎖とする両親媒性Pyrrolidine[60]Fullerene誘導体の合成とその膜形成挙動 (川瀨德三水谷高志,老田達生)  材料技術, 35 (1), 1-8. 2017
PAGE TOP