情報理工学部の課外活動

情報理工学部では、学部オリジナルの課外活動で学生の学びをサポートしています。授業で学んだことをもとに、それぞれの活動を通じて新たな発見と成長につなげていくことが可能です。

MAKERS CLUB

レゴブロックやさまざまなマイコンなどを使って
実際に動くものを「作る」スキルの修得や経験を積む

「情報技術を利用して、自分たちのアイデアを実物として作成できるクリエイターになる!」をモットーに、LEGO社のMINDSTORMS®やArduino、3Dプリンタや工作機器を用いて人の生活を豊かにする機器の設計と、C、JavaやPython 言語などを駆使した制御プログラムの作成を通して、授業で学んだ技術を自主的に実践できます。また、メンバー同士で共同作業を行うことで、実践的な場でのコミュニケーション能力や協調性を養えます。

ISE girls

女子だからできる、新しい視点で考える情報理工学

ISE(Information Science and Engineering)girls は、女子学生を中心とした有志団体です。理系女子学生の活躍の場を広げ、学部全体をけん引するリーダーとしての成長を促すことを目的としています。定期的にミーティングを行い、新入生歓迎会やオープンキャンパスでの“女子カフェ”といったイベントを企画、運営。年次を超えたメンバー構成での活動を通じて、チームマネジメントの基本を実践しながら学んでいきます。

ランチタイムトーク

IT業界の最先端の情報を発信
学生のLightning Talkを開催

次々と新しい技術が誕生するITの世界。授業だけでは伝えきれない情報を提供する場が、ランチタイムトークです。業界の動向や最新のトピックを教員が解説したり、学外からゲストを招いて講演を行ったり、さまざまな情報交換の場を提供しています。また、月に1回程度、学生の発表の場として5分程度の短いプレゼンテーションを連続して行うLightning Talkを開催。学生が自作したソフトウェアやプログラミングテクニックの紹介、Tips やガジェット類の紹介など、気軽にプレゼンテーションを行うことができます。

寺子屋

先輩が学びを幅広くサポート、学生同士の学び合いの場

学生が授業で感じた疑問や不安に対して、先輩サポーターが中心となって個別指導を行う場所が「寺子屋」です。毎週定期的に開催し、履修登録や学修の進め方から、講義内容やプログラミング演習のアドバイス、レポートの書き方、情報処理技術者試験に関することまで、修学について幅広くサポートし、学生同士、気軽に悩みを解決できます。また「1行プログラミングコンテスト」「パソコンを組み立ててみよう」など、学生が企画した寺子屋独自の取り組みも行い、授業に役立つ学びの場を提供しています。
PAGE TOP