経済学を基礎から学び、"社会を見通す力"を身に付ける

経済学では、人間の選択とその選択が社会に与える影響を分析し、社会問題の解決方法を考察します。少子高齢化、若年層の失業、都市への人口や企業の集積、企業活動・金融市場の国際化、金融危機、地球温暖化という社会現象は、すべて人間の選択の結果として発生しています。経済学部では、こうした社会現象を分析する方法を学び、社会に出てからも活かし続けられる“社会を見通す力”を身に付けます。

経済学部の特色

充実した導入教育

1年次には、全員を対象とした基礎導入教育が充実しており、大学での学びにスムーズに移行できるようになっています。春学期に開講される「入門セミナー」では、大学生活で必要となるレポート・資料の作成、発表の仕方を学びます。秋学期の「データ処理セミナー」では、表計算ソフト「Excel」を用いて、社会的ニーズの高い情報処理能力を養います。こうした授業に加えて、数学に不安がある学生は,「経済数学入門」や「プレ基礎セミナー」を受講できるほか、学習支援システムMoodleにより、自宅での講義資料の閲覧や小テストの受験ができ、充実した4年間の学びをサポートする学習環境が整っています。


興味・関心や卒業後の進路に
合わせた専門コース制

経済学部では、学生の興味・関心や卒業後の進路に合わせて、効果的に学べるよう「専門コース制」を導入しています。1年次の基礎導入科目を学んだ後、2年次には基礎的な科目、3年次及び4年次には応用・専門科目というように、段階的に履修ができるように科目を配置しています。


経済を英語で学び
グローバル人材に

「テーマは経済、言語は英語」の教材や授業を導入。基礎レベルの英語学習から、将来的な留学を視野に入れた1年次から受講できる英語による経済学の授業「上級英語プログラム」、英語によるプレゼンテーションやレポート作成を行う発展レベルの学習まで、段階的に学べる環境を整備しています。グローバル社会に対応できる人材を育成するため、世界共通の関心事である経済を英語で理解し、議論できる力を養います。


多彩なテーマの授業

2年次生以降は、各学生の関心に合わせた専門コースの授業だけでなく、経済学部の特徴ある授業によって、社会を分析する能力を養います。たとえば「ワーク・ライフ・バランス講座プログラム」では、就職後に直面する問題(仕事と結婚、出産・育児・介護、老後資金の準備)を経済学の視点から学ぶことができ、実務家を招いた「経済人特別講義」、「現代証券市場論」では、現場の最前線で活躍する経済人から学ぶことができます。

2年次生以降では、幅広い研究テーマを用意した「ゼミナール」を中心とした少人数教育をおこなっています。2年次生春学期には、様々なデータ分析の手法を学ぶ「データ分析セミナー」、ゼミナールに必要な技能を学ぶ「3セメ基礎セミナー」が受講できます。秋学期からは、希望する分野の研究をしている専任教員のゼミナールを選択し、2年半にわたる指導を受けながら、ゼミ修了論文の作成を目指します。

PAGE TOP