ボランティアセンター長 挨拶

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災以降、ボランティアの力、役割がクローズアップされるようになり、「ボランティア元年」と呼ばれるようになりました。以降、20年以上が経過し、多くの人がボランティア活動に取り組むようになりましたが、世の中には、まだ「ボランティア」にまつわる大いなる誤解があります。それは「辛い奉仕活動なのでは」とか「一部の特別な人たちがすること」といったことです。 京都産業大学ボランティアセンターでは、以下の考えに基づき、災害発生時の募金活動や被災地支援のためにバスを出す、福祉や人権、地域等の諸問題に関するセミナーの実施といった、幅広い事業を行っています。

京都産業大学ボランティアセンターの目指すもの

  • ボランティアマインドを涵養し、市民社会の担い手となる人材を育てます。
  • ボランティアに対するコーディネーションを通じ、地域社会における諸問題の解決を目指します。

京都産業大学ボランティアセンターが取り組むこと

  • 社会的ニーズの代弁や問題提起とともに、活動を支援する体制を構築し、学生による自発的な活動の後押しに取り組みます。
  • 社会的ニーズを重視するとともに、ボランティアがもたらす学生の学びと成長に着目したプログラムづくりに取り組みます。
  • 積極的に地域社会とのつながりを構築し、潜在的な諸問題の可視化に取り組みます。
  • 地域社会における諸問題と学内外の資源をむすび、その解決のための協働に取り組みます。
  • ボランティアの本質やそのあるべき姿、市民社会における役割について、共に考え、学び合う場づくりに取り組みます。

社会の課題に対し「ほっとけない」と思っている人、困っている人を「助けたい」と思っている人、あるいは「イベントをつくり上げていきたい」と思っている人、もちろん「ボランティアについてもっと知りたい」とか「何かしたいけれどどうすれば良いのだろう」という人も、ぜひお気軽にボランティアセンターをお訪ねください。

ボランティアセンター長
滋野 浩毅

PAGE TOP