教職員の方へ/サポート体制(教職員)

障害のある学生を取り巻くサポート体制について紹介します。
障害学生教育支援センターでは、障害のある学生の相談を受けることから始まり、そこから必要なサポートを考えながら、関連する教職員と相談し、決定していきます。
学生本人のニーズを聞きながらも、それが支援可能なものかどうかをハード面、ソフト面から総合的に考える必要があり、学生の自立を視野に入れながら、サポートしていきます。
上記図の説明:
障害のある学生を中心に、教員や学内の関連部署、学生サポーターとのつながりを表しています。
障害のある学生が障害学生教育支援センターや教員、学内の部署に相談しており、そこから学生に関係のある教員や部署同士が連絡・相談・連携するようになっています。場合によっては、学外の専門機関とも連携することもあります。
PAGE TOP