サポートを受けるための流れ

文字サイズ変更:

色反転: 白黒反転


大学でサポートを受けるための基本的な流れを紹介します。

初回の授業からサポートが受けられるように、学期開始前までにご相談されることをお勧めします。以下の流れは、授業開始前から相談を受けた場合を想定しています。なお、学期途中からのサポートも可能ですので、お声掛け下さい。

① 障害のある学生(保護者)からのサポート要請、または他部署からの紹介

② 学生本人と障害学生教育支援センターが相談し、サポート内容を調整

③ 履修登録が確定した後、教学センター・障害学生教育支援センターより、「障害のある学生の配慮・調整依頼(授業・試験)」文書を担当教員に配布

④ 障害のある学生本人と担当教員との協議・合意形成

⑤ 障害のある学生本人は、必要な配慮やサポートを受けて授業を受ける

⑥ その後も必要に応じて相談を受け付ける

PAGE TOP