サポートって何?

文字サイズ変更:

色反転:白黒反転


サポートの考え方

本学では、サポートを希望され、またその必要があると判断される方に対して、個別の状況を踏まえつつ、適切なサポートの内容を本人と一緒に考えていきます。 その際、次の点に注意が必要です。

  • それぞれの困りごとに対して出来る限りのサポートを検討しますが、サポートには限界もあります。
  • 障害があってもサポートを望まない方にはサポートを提供しません。これは、本人の意思と自主性を尊重するからです。
  • 大学での修学環境は高校までとは大きく異なります。

例えば…

  • 時間割は定められたルールにのっとって自分で決める。
  • 高校までのような決まったクラスがないので、授業毎に教室を移動し、受講する学生の顔ぶれも違う。
  • 担任の先生はおらず、授業や試験、各種手続きの情報収集は自分で行い行動する必要がある。

つまり、決められたものを与えられるわけではないので、自分で考え、行動し、それぞれの担当窓口でコミュニケーションをとる必要があります。

サポートを提供する範囲

以下の場面でサポートを行っています。
※サポートに係る経費の負担は、原則として不要です。

  • 本学内での授業
  • 授業以外の学生生活に必要な行事
    (例:入学式、オリエンテーション、各種ガイダンス・説明会、卒業式 等)

※上記以外の場面でのサポートについては、ご相談ください。

「学生サポーター」について

支援を行うのは、障害学生教育支援センターのスタッフだけではありません。授業中の支援は、トレーニングを受けた「学生サポーター」が行うことがあります(パソコンテイク・ノートテイク等)。
同じ学生だからこそ気付くこと、分かりあえる事があるかもしれません。

PAGE TOP