教育・研究

毎日こんなに楽しくていいんだろうか、研究に没頭した大学時代。

総合生命科学部
生命システム学科 准教授

千葉 志信

タンパク質膜組込装置YidCがもつ重要な性質を明らかにした研究は、世界で権威ある学術雑誌「ネイチャー」に掲載される。趣味は生物の写真撮影、研究室のメンバーとの釣り。

学園祭のような毎日、1冊の本との出会い

私の大学時代を振り返ると、研究室に入ってから劇的に生活が変わりました。所属したのは、アフリカツメガエルを使って細胞周期の研究を行う研究室。生物が好きだったことから自然豊かな北海道の大学に進学した私にとって、生物を飼育して実験する研究作業のすべてがまるでイベントのようで、毎日が学園祭みたいでした。生活の中心が研究になり、「毎日こんなに楽しくていいんだろうか」と思うくらい研究に没頭しました。また、大学時代に読んだ1冊の本、リチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』との出会いも当時の私には衝撃的でした。これまでの生物への先入観が覆されたからです。生物の進化や行動は遺伝子によって支配され、人や動物など、この世のすべての生物は遺伝子が存続するための「器」でしかないという学説に触れ、これまでの人間を主役にとらえた生物学へのアプローチを転換するきっかけになりました。大学で研究の楽しさを知り、生物の奥深さに触れたことが、間違いなく今の研究者としての人生につながっていると思います。

「自然からともに学ぶ」がモットー

研究は楽しいことばかりではなく、もちろんプレッシャーや生みの苦しみもありますが、未知の現象や原理の発見は、人類において自分しか知り得ないこと。そう思うと、発見した直後は興奮して眠れないほどです。また、国を越えた研究者との交流があり、自分の人生観を変えるほどの優秀な研究者との出会いも数多くあります。ノーベル賞を受賞した研究者と会話できるなんて、大学時代には想像もしなかったこと。彼らと同じステージに立ち、「世界のトップをめざす」という高い目標があるからこそ成長もできるんだと思います。だから特に理系のみなさんには、私がそうであったように、まずは大学時代に研究の楽しさを味わってほしい。そして、私ができなかったこととして、早くから海外に目を向けてほしい。
京都産業大学には「グローバル・サイエンス・コース」もあるので若いうちから英語にも力を入れてほしいと思います。とはいえ、「世界トップの研究」を目指ししながらも、私の研究室は生物好きの穏やかなメンバーが集まり、とてもアットホームです。空き時間には自然探索に出かけることもあります。「私が教える」というよりは「自然からともに学ぶ」というモットーのもと、教員も学生も対等のスタンスでサイエンスの楽しさや素晴らしさを味わっていきたいと思います。
在学生へのメッセージ!

自分や他者について考えるうえで、いつも私の根底にあるのは「一人ひとりの人間は奇跡的な存在」であるということ。人間も遺伝子レベルから見れば「偶然の産物」に過ぎません。そういう生命に対する視点を持てば、人との出会い、あるいはあなたの大学生活が、また別の側面から見えてくるのではないでしょうか。

会いたい!」と思った人はここへ

タンパク質の誕生・成熟・局在化に関する研究を行っています。

※掲載内容は取材当時のものです。

他の「教育・研究」教職員

教育・研究

授業や留学を通して自分で何かを発見するワクワク感を味わってほしい

外国語学部
英語学科 准教授
宮澤 直美

教育・研究

大学は一生の仲間ができる場所。仲間と議論することで、世界を広げてほしい

益川塾
塾頭
益川 敏英

教育・研究

学生FDスタッフと一緒に、授業と大学をもっと良くしていきたい

学長室
教育支援研究開発センター
山内 尚子

教育・研究

学生が何に一番困っているのか、一緒に見つけられるように

法学部
法律学科 教授
吉永 一行

新着一覧

スポーツ

大学スポーツが生む一体感、素晴らしい感動を一つでも多く生み出していきたい

スポーツ強化推進事務室
北尾 光隆

スポーツ

心身の不調を感じたり、誰かに話を聞いてほしいと思ったときは気軽に訪ねて来てください

学生部 クラブ共通トレーナー
武田 謙吾

学生生活

本学の情報を学外へ発信!学生からの広報に関わる相談にも対応しています

広報部
大塚 貴志

修学支援

データを通して、 学生一人ひとりを見守っている 気持ちで仕事に知り組んでいます

教学センター
教務担当
飛岡 奈央

修学支援

役立つ情報がいっぱい! もっと気軽に、もっと有効的に図書館を利用してください

図書館
磯谷 勇太

留学・グローバル

世界は広い。自ら動いて、 自分らしい生き方ができる 場所を見つけてほしい

国際交流センター
ポール・チャートン

修学支援

より多くの高校生に 本学の魅力を伝えるために もっと大学を知りたい。

入学センター
入試広報担当
米山 昂佑

修学支援

専門科目以外の学びが 新たな可能性を広げてくれる。さあ、多様な学問領域の中から興味ある科目を探してみよう!

共通教育推進機構
全学共通教育センター
木原 綾

就職・キャリア

実社会に触れる学びで、「どうしたらいい」が「こうしたい」に変わる

キャリア教育研究センター
富山 雄一郎

就職・キャリア

自分の常識やルールが通用しない、「世界の広さ」を感じてほしい

キャリア教育研究センター
竹中 好恵

PAGE TOP