授業について

(1)単位制度

大学における学修は、単位制で行われています。

〔単位制〕

単位制とは、修業年限(最低4年間)中に、卒業に必要な単位数を修得する制度です。

〔単位とは〕

すべての授業科目に、単位数を設定しています。
単位とは、科目を修得するために必要な学修量(時間)を数値で表したものです。授業時間だけではなく、事前・事後学習等教室外での自主学修も含みます。本学では、45時間の学修時間をもって1単位と定めています。事前・事後学習の内容については必ずシラバスで確認してください。

〔授業時間と単位〕

本学では、1時限90分の授業が年30週(春学期15週、秋学期15週)行われます。単位数は、90分(1時限)の授業時間を2時間相当の学修時間とみなし、事前・事後学習もあわせた時間で設定されています。

考え方(例)

2単位の講義・演習科目 …6(時間/週)×15(週間) = 90時間 = 2単位
事前学習
2時間
週1回授業
2時間
事後学習
2時間
授業1:自主学修2
1単位の実験・実習科目 …3(時間/週)×15(週間) = 45時間 = 1単位
週1回授業
2時間
事前・事後学習
1時間
授業2 : 自主学修

※学期連結の開講形式をとる授業科目や連続授業科目については、上記を倍にして考えてください。

  • 卒業論文・卒業研究・卒業制作等の授業科目
学修の成果を評価して、単位を授与することが適切と認められる場合に、これらに必要な学修を考慮のうえ単位が与えられます。

〔単位の認定〕

履修登録を行い、その授業科目を履修し、試験に合格(60点以上)することにより、単位が与えられます。
ただし、その授業科目が開講されている期間の学期末まで在学している必要があります。

※単位と履修登録

卒業するためには4年間で、定められた124単位(総合生命科学部は128単位)の修得が必要です。
月~金曜の毎日8時間、土曜5時間勉強しても1単位分の45時間にしかなりません。各学期は15週間なので、事前・事後学習(予習・復習)にしっかり取り組むと16単位を修得するので精一杯となります。従って、計画的に履修登録を行うようにしてください。履修登録についての相談は教学センターで受け付けています。
なお、履修登録した科目が不合格となるとGPA(Grade Point Average:成績加重平均値)が低くなるだけでなく、その後の履修計画にも影響します。シラバスに記載されている事前・事後学習(予習・復習)に取り組みながら、毎回、授業に出席してください。

(2)授業科目

本学の授業科目は次のいずれかに指定され、各年次に配当されています。
卒業するために必要な科目は履修要項で確認するようにしてください。

必修科目 【必ず修得しなければならない科目】
必修科目は卒業のために必ず修得しなければならない科目です。いずれか1単位でも未収得の場合、卒業要件を満たすことができませんので、卒業することができません。
※他の科目区分の単位を必修科目の単位として充当することはできません。
選択必修科目 【指定の条件に基づき科目を選択し、必ず修得しなければならない科目】
指定の条件に基づき科目を選択し、修得しなければならない科目です。1単位でも未収得の場合、卒業要件を満たすことができませんので、卒業することができません。
※他の科目区分の単位を選択必修科目の単位として充当することはできません。
選択科目 【指定科目の中から興味関心に基づき選択して修得できる科目】
興味関心に基づき選択して履修できる科目です。ただし、卒業するためには、最低修得単位数として定められている単位数以上の単位数を修得する必要があります。
自由(随意)科目 【所属する学部の教育課程以外として取り扱われる科目】
学部の教育課程以外として取り扱われるため、単位修得があっても卒業に必要な単位として充当されません。

※授業科目と履修登録

学部ごとに学士の学位を得る(卒業する)ために必要な授業科目が履修要項に掲載されています。4年間の履修計画を立て、個々の授業内容をシラバスで確認してください。開講曜日・時限を時間割表で確認し、授業科目の中から、自分が学びたい授業を選び、履修するための登録申請を行います。この授業の登録申請を履修登録と呼び、履修登録を通して、授業を受講する意思表示を行います。履修登録を行っていない授業の受講は認められません。わからないことがあれば、教学センターまで相談するようにしてください。

(3)授業時間

本学の授業は、連続2時間(正味90分)を1時限として行います。なお、授業の時間帯は次のとおりです。

第1時限 9:00~10:30
第2時限 10:45~12:15
第3時限 13:15~14:45
第4時限 15:00~16:30
第5時限 16:45~18:15

通常の授業は週1時限で行われますが、短期間に行う集中講義もあります。

(4)出席の重要性

授業は、教員と学生が直接人間的なふれあいを通して学問を教え学ぶ場であり、学生生活の基本になるものです。したがって、授業への出席は重要であり本学では「原則として、3分の2以上を出席しなければ、単位の認定が行われない。」と定めています。これは、授業に出席しさえすれば良いということではありません。自主的な学問への探究心なくしてその成果を期待することはできません。
なお、定められた理由により授業を欠席した場合は、公欠扱いとなります。公欠扱いの手続きは事前申請となりますので、下記のとおり手続きしてください。申請期間を過ぎての受付はしませんので、ご注意ください。

(注意)3か月以上欠席しなければならない場合、教学センターへ申し出て、休学願を提出してください。

(注意)学校保健安全法に定める感染症罹患もしくは罹患の疑いのため、医師より他者への感染防止を理由に出校停止を命じられた場合等、やむを得ず事後申請となる場合は、出校可能となった日を含めて7日以内(土・日・祝日を含む)を申請期間とします。

(注意)公欠とは、定められた理由により欠席したことを認めるものです。授業を欠席したことには変わりありません。授業の進捗に追いつけるように、欠席分の授業内容については、オフィスアワー等を利用して教員へ質問を行うなど自らの努力で補うようにしてください。

[公欠扱い]

  1. 教職課程の教育実習及び介護等体験のため欠席した場合
  2. ・ただし、介護等体験は、7日を限度とする。
    ・教職課程講座センター事務室に申し出て、指示に従い手続きをする。
  3. 博物館実習のため欠席した場合
  4. ・教学センターへ申し出て、指示に従い手続きをする。
  5. 学校保健安全法に定める感染症罹患により欠席した場合
  6. ・教学センターへ申し出て、指示に従い手続きをする。(診断書要)
  7. 学校保健安全法に定める感染症罹患の疑いにより医者(医療機関)から出校停止の指示を受けた場合
  8. ・教学センターへ申し出て、指示に従い手続きをする。(診断書要)
  9. 裁判員制度により、裁判員候補者として呼出しを受けた場合、または裁判員に選任された場合
  10. ・教学センターへ申し出て、指示に従い手続きをする。(公的証明書要)

(5)休講

特別な理由による臨時の全学休講および教員の都合による休講については、電子掲示板POSTにより伝達します。休講の掲示がなく、30分待っても授業が行われない場合は、教学センターで確認してください。

交通機関がストライキを実施した場合の授業

JR(米原~西明石)、京阪電気鉄道、阪急電鉄、近畿日本鉄道の各京都線および京都市バス、京都市高速鉄道(地下鉄)のいずれかがストライキを実施した場合は、下記のとおり取り扱います。

  1. 午前6時30分までに解除した場合は、平常どおり行います。
  2. 午前6時30分までに解除せず、午前10時までに解除した場合は、午前中を休講とし、午後は平常どおり行います。
  3. 午前10時までに解除しない場合は、終日休講となります。

上記以外の交通機関のストライキにより登校不能または遅刻した場合は、速やかに担当教員に直接届け出てください。

暴風警報等が発令された場合の授業

次表のいずれかの区域において暴風警報又は、特別警報が発令された場合は、下記のとおり取り扱います。

 

京都府南部における次の区域
(1)京都・亀岡 京都市、亀岡市、向日市、長岡京市、大山崎町
(2)山城中部 宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、久御山町、井手町、宇治田原町
  1. 午前6時30分までに解除した場合は、平常どおり行います。
  2. 午前6時30分までに解除せず、午前10時までに解除した場合は、午前中を休講とし、午後は平常どおり行います。
  3. 午前10時までに解除しない場合は、終日休講となります。
  4. 午前10時以後に発令された場合は、発令時点に行われている次の授業から休講とします。
なお、他の地区に警報が発令されて登校不能等が生じた場合は、速やかに担当教員に直接届け出てください。
また、教学センター長の判断により、警報発令前に休講とする場合もあります。その場合の連絡は電子掲示板POSTあるいは、大学のホームページにて行います。
PAGE TOP