熱中症を予防しよう!

熱中症の発生は7月~8月がピークになりますが、熱中症を正しく理解し適切な対応をすることで発症を防ぐことができます。自分の体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも気を配り呼びかけ合って、熱中症による健康被害を防ぐようにしましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、体外に放出されないことで、体に様々な症状を引き起してしまう状態です。

熱中症の症状と対処方法

分類 症状 症状からみた診断 重症度
Ⅰ度
現場での応急処置で対応できる軽症
めまい・失神 「立ちくらみ」の状態で、脳への血流が瞬間的に不十分になる
筋肉痛・筋肉の硬直 発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じる
手足のしびれ・気分の不快
熱失神

熱けいれん
Ⅱ 度
病院搬送が必要な中等症
頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
体がぐったりする、力が入らない、軽い意識障害を認める
熱疲労
(熱ひはい)
Ⅲ度
入院し集中治療の必要のある重症
Ⅱ度の症状に加えて、意識障害・けいれん・手足の運動障害
呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にひきつけがある、真っ直ぐに歩けない
高体温 体に触ると熱いという感触
肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害 医療機関の採血により判明
熱射病

熱中症になった時は…

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服をゆるめ、身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する

自力で水分が飲めない、意識がない場合は
直ちに救急車を呼びましょう!

熱中症予防の5つのポイント

①こまめに水分と塩分の補給

のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。
大量の汗をかいたら塩分補給(スポーツドリンク・塩飴など)も忘れずに!

②エアコン・扇風機を上手に活用

室温が28度、湿度が70%をこえないように調節しましょう。
気温や湿度が高い日は、決して無理な節電はせずに適度に使用を!

③暑くなる日は要注意

梅雨明けの急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていません。なるべく涼しい環境に避難!
特に運動時や体調不良時、炎天下での屋外活動時は特に意識して休憩をとりましょう。

④外出時の準備はしっかりと

通気性の良い、吸湿・速乾の衣類で涼しく、帽子や日傘を利用しよう。
冷却グッズ(冷却シートやスプレー、スカーフ)の使用も効果的です。

⑤暑さにまけない丈夫な体をつくろう

普段からバランスのよい食事や、しっかりとした睡眠をとり体調管理をすることが大切です。

関連サイト

PAGE TOP