みんなで防ごう!アルコール事故 

歓迎会やお花見などでアルコールに接する機会が多くなる季節です。
昨年末には京都市内の大学で19歳の女子学生が急性アルコール中毒で死亡するという痛ましい事故もありました。アルコールによる事故は、飲んだ人、飲ませた人だけでなくその場にいたメンバー全員に責任があります。アルコールについて理解を深め、お酒と上手に付き合い、飲酒による事故を引き起こさないようグループ内で注意しましょう。

Q.どうして20歳まで飲酒禁止なの?

成長期にある若者はアルコールの分解能力が未熟であり、脳細胞や生殖器がダメージを受けるなど影響が大きいからです。さらに、肝臓や膵臓などの臓器障害にも陥りやすいためです。

Q.「アルハラ」って何?

「アルハラ」とは、アルコールハラスメントの略で飲酒にまつわる人権侵害のことです。命を奪うこともあります。みんなで注意しあい防ぐことが大切です。

あなたも「アルハラ」していませんか?

×  飲酒の強要
上下関係・部の伝統・集団によるはやしたて・罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むこと。
× イッキ飲ませ
場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争などをさせること。「イッキ飲み」とは一息で飲み干すこと、早飲みも「イッキ」と同じ。
×  意図的な酔いつぶし
酔いつぶすことを意図して、飲み会を行なうことで、傷害行為にもあたる。ひどいケースでは吐くための袋やバケツ、「つぶれ部屋」を用意していることもある。

×  飲めない人への配慮を欠くこと
本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱するなど。
×  酔ったうえでの迷惑行為
酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為。

Q. 酔いつぶれた人にはどうしたらいい?

  • 酔った人に付き添い一人にしないようにする。
  • 衣服をゆるめて楽にしてあげる。
  • 体温の低下を防ぐために、毛布などをかけて暖かくする。
  • 吐物で窒息するのを防ぐため(吐きそうになったら)抱き起さず横向きに寝かせる。

Q. 救急車が必要なのはどんな時?

  • 意識がない、つねってもおきない。
  • 全身が冷え切っている。
  • 呼吸がおかしい(ゆっくりしていて時々途切れたりする、または浅くて早い)
  • 大量の血や食物を吐いている。
  • 失禁(おもらし)をしている。
※上記以外にも「危ない」と感じることがあればすぐに救急車を呼んで下さい!!! 

<アルコール健康医学協会資料より一部抜粋>

PAGE TOP