全身全霊のエールを送り、「チーム産大」を応援!

課外活動

challenger

  • 経営学部 3年次生
    内田 隼人さん

  • 文化学部 2年次生
    藤花 隼人さん

自分たちが本気になるほど応援が盛り上がり、選手に想いが届くはず。

私たちは全学応援団チアリーダー部STARDUST LEADERSに所属し、女子部員たちと共にイベントで演舞を行ったり、運動部の試合の応援を行ったりしています。男子チアリーダーと聞いて意外に思う方もいるかもしれませんが、実は海外には多くの男子チアリーダーがいますし、国内でも伝統的に男子チアリーダーがいる大学もあります。応援したいという気持ちさえあれば、チアリーディングに男女は関係ありません。私たちがチアリーダーになった理由も、純粋にスポーツが好きで、選手を応援したいと思ったからです。本学には全国、世界で活躍している選手が多くいますし、間近でプレーを観ていると私たちもどんどん試合に熱中していき、応援もヒートアップしていきます!選手の頑張りに負けないように、魂を込めて全身全霊でエールを送る。チアリーダーだからこそ、一般の観客とはまた違う方法で、観戦を精一杯楽しむことができるのです。秋には多くの大会が開催されるので、初めて応援に来る方々もどんどん巻き込み、会場を盛り上げていきます!「チーム産大」の勝利のために、みなさんも一緒に、全力のエールを選手に届けましょう!

自分たちにしかできないことに挑戦し、応援をさらに熱く。

応援をもっと盛り上げていくために、今後は力がある男子ならではの技を身に付けていきたいと考えています。器械体操部の部員にアクロバットを教えてもらったり、他大学や実業団の練習に参加させてもらったりしながら、技の習得に取り組んでいます。チアリーダー部の練習に休まず参加しながら、継続的に他団体の練習にも参加させてもらい、新しい技を身に付けることが今の目標です。私たち2人が思い切って行動することで、チアリーディングはもちろん、チアリーダー部や全学応援団全体の活動も、もっと良いものにしていきたい。男子にしかできないことも、きっとあるはずです。私たちの姿を見て、一緒に熱く活動してくれる男子チアリーダーが増えたら嬉しいですね。

※掲載内容は取材当時のものです。

他の「課外活動」チャレンジ

課外活動

    全国大学生お笑い選手権(D-1グランプリ)2017 漫才部門 準優勝

    課外活動

      地域の周年イベントで、初挑戦した作品を展示!

      課外活動

        京都学生演劇祭で審査員特別賞を受賞!

        課外活動

          学生落語の全国大会 「てんしき杯」で2度優勝!

          課外活動
          • サギタリウス

          「サギタリウス・チャレンジ」で、夢へつづく一歩を踏み出す

          課外活動

            宇宙研究・天文学を より身近に。 学生の学びと地域をつなぐ天文台

            新着一覧

            地域

              近江日野しゃくなげ大使に就任

              ゼミ・研究

                第6回観光学術学会 学生ポスターセッション 優秀賞受賞

                スポーツ

                  聴覚障害者の国際大会「デフリンピック」に出場

                  地域

                    京都市北区役所の依頼を受け、北区安心安全マップを作成!

                    課外活動

                      全国大学生お笑い選手権(D-1グランプリ)2017 漫才部門 準優勝

                      スポーツ

                        JFA・Jリーグ特別指定選手の承認を獲得!

                        地域

                          京都 嵐山・東山花灯路の散策マップを翻訳!

                          ゼミ・研究

                            実験動物一級技術者学生の部で3位受賞!

                            スポーツ

                              富士山女子駅伝の第5区で区間賞を獲得!

                              スポーツ

                                ローラースケート日本代表として、世界に挑む!

                                Challenging KSU一覧に戻る

                                PAGE TOP