施設設備計画

「第5期施設整備計画(平成20(2008)年~平成35(2023)年」は、本学が平成27(2015)年に創立50周年を迎え、そして、次世代への飛躍に必要なキャンパス整備を行うための施設整備計画です。期間は15年間の長期スパンを3つのステージに分けて、計画を進めております。
基本的なコンセプトは、
①学部等の教育研究機能のエリア化、機能分散を行いながら、教育研究環境及び修学支援機能の向上を図ること
②これらの計画に併せて安全安心を強化し、防災機能の充実やバリアフリー化を図ること
です。
各ステージについて、説明いたします。

第5期施設整備計画のファーストステージ

平成20(2008)年から平成25(2013)年度までを、第5期施設整備計画のファーストステージと位置づけ、教学改革に伴う理工系学部の新校舎建設、教育研究機能の充実を図るため、14号館(コンピューター理工学部(平成21(2009)8月竣工))、第5研究室棟(平成21(2009)8月竣工))、神山天文台(平成21(2009)12月竣工))、15号館(総合生命科学部(平成22(2010)2月竣工)))、万有館(理学部(平成25(2013)8月竣工))、中央図書館書庫棟(平成24(2012)年9月)を増設しました。

平成23(2011)年1月からは、京都市下京区の壬生に京都産業大学附属中学・高等学校の新校舎と大学施設「むすびわざ館」の建設に着工し、平成24年4月、附属中学・高等学校が開校し、本学の「知」の発信拠点とする「むすびわざ館」が開館しました。そのほか、保健センターや厚生施設(書店)、ラーニングコモンズの機能を有した雄飛館(平成25(2013)年8月)が竣工しました。

学内アクセスの向上として、大教室棟と並楽館との渡り廊下(平成23(2011)年9月)、第2実験室棟と13号館との渡り廊下(平成25(2013)年3月)、14号館と15号館との渡り廊下の整備や第2実験室棟エレベータ(平成25(2013)年3月)、中央図書館エレベータ(平成25(2013)年3月)を新設し利便性の向上を図りました。

それ以外には、本山本部敷地内の車両の通行の効率化を図るため学内周回道路(平成25(2013)年7月)を開通させました。

第5期施設整備計画のセカンドステージ

セカンドステージ(平成26(2014)年~平成30(2018))年では、人文・社会学系の新学部に対応する教室棟の整備に加え、学生の安全安心を強化するため、未耐震建物の耐震改修や改築の更新計画を進めております。
また、これらの建て替えに伴い教室不足にならないよう、多用途で利用できる建物を建築するなど、万全を期して教育環境に影響が出ないように計画を進めていきます。
非耐震構造であった旧保健管理センター棟(雄飛館(平成25(2013)年8月竣工)の4階に機能移転)、旧2号館(万有館(平成25(2013)8月竣工)に理学部機能を移転)を取り壊した跡地に3号館の未耐震建物の代替として、さらに新学部の現代社会学部(平成29(2017)年4月設置)の教室棟として平成28(2016)年3月、サギタリウス館が竣工しました。本学の教育・研究棟の中で、延床面積が約13,000㎥と一番大きい建物です。

昭和46(1971)年4月に竣工した第2体育館の耐震改修工事を平成29年9月から開始しました。この工事では、空手道部の道場を体育館内に新設したほか、老朽化した設備の更新をはじめ、空調機などを新設しました。
隣地にある津ノ国寮においても、未耐震建物であり耐震改修を検討した結果、隣接地の旧神山寮敷地(跡地)に新築することにし、平成30年3月に竣工しました。

遠望館を総合体育館西側の神山テニスコートの一部に建設します。3号館などの建物を取り壊す際に不足する研究室を一時的に避難させるための建物として使用した後、課外活動棟及び多用途の共用建物として利用を検討しております。
合わせて研究室棟を、平成30(2018)年8月から9号館・14号館の西側に建設する予定です。(仮称)第6研究室棟として、平成31(2019)年8月竣工を予定、研究室72~80室程度となる予定です。

また、(仮称)第6研究室棟の建設予定地には、温室棟2棟があるので、その2棟を14号館北側とゴルフ場との境界にある緑地帯に移設します。温室棟移設工事は、平成29(2017)年12月から翌年の6月末を予定し、移設完了後に(仮称)第6研究室棟の建設準備に取り掛かります。

真理館は、平成31(2019)年4月に開設する予定の国際関係学部の建物および法学部の建物として、既存の3号館と7号館を解体した跡地に建設する予定です。工事は、平成29年12月から解体工事に着手し、平成30(2018)年4月から建築を開始し、平成31(2019)年2月に東側が竣工、平成32(2020)年2月末に全体の竣工を予定しています。学部の優先フロアだけでなく、厚生施設を設けるほか、全学共用のフロアなどを設けた全学共用の建物になる予定です。

第5期施設整備計画のサードステージ

最後のサードステージ(平成31(2019)年から平成35(2023)年)では、1号館、本館、大教室棟、4号館、正門・バスプールの改修・開発を予定しております。
(仮称)新1号館は、大教室の改修に備えるため、大教室サイズを備えた建物とするほか、万有館と各フロアを連結した回廊構成と、建物館の空間にアトリウムを設けて、全天候型の広場を設置する計画をしております。工期は、西側・東側の2期に分けて工事を行います。まず、平成30(2018)年の10月から1号館西側部分を解体する予定です。工期は、平成31年1月から平成32年2月を予定しています。東側部分については、平成32年4月から解体をはじめ、平成32年7月から建築に着工し、平成33(2021)年の8月に竣工を予定しています。

大教室棟は、(仮称)新1号館の竣工後に、改修をする予定です。改修内容としては、600人を超える大教室が今後の教育に必要なのかを検討したうえで、400人以下の大・中教室に改修することを予定しております。

本館は、すべての建物の建て替えが終わった最後に改修する予定にしております。本学の第1号の建物であり、改修内容を十分に検討しながら、後世に残る建物として残していきたいと考えております。

4号館においては、法学部の教室棟としての機能は13号館や真理館の一部に移し、新4号館は、改築・改修を睨みながら、従来にない新しい教育施設または研究施設として再生を検討してまいります。

正門・バスプールにおいては、本学の本山本部校舎敷地の山側部分の補修を併せて行うため、改修面積が大きく長期改修になる予定です。それを終えてから正門・バスプールの改修になります。

新たな校舎等の建設・改修など

(1)新1号館(仮称)

老朽化した現在の1号館を解体し、新しく教室棟を建築する予定です。1期工事で西側半分を改築し、続いて2期工事で東側半分を改築する予定です。完成時には万有館と接続します。

構造 SRCまたはRC造 地上4階建て
面積 8,250.00㎡(予定)
着工日時 (1期)平成30年10月(予定)
(2期)平成32年4月(予定)
竣工日時 (1期)平成32年2月(予定)
(2期)平成33年8月(予定)
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 未定

(2)第6研究室棟(仮称)

学部の新設、発展に伴い増加する教員の研究室の確保や、現3号館の建替え後の真理館は研究室をなくして教室を優先して設けるために、14号館南側に新たな研究室棟を建築する予定です。
構造 RC造 地上5階建て
面積 3,538.00㎡(予定)
着工日時 平成30年11月(予定)
竣工日時 平成31年8月(予定)
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 未定

(3)真理館

構造 RC造 地上5階建て
面積 9,396.00㎡(予定)
着工日時 (1期)平成30年4月(予定)
竣工日時 (1期)平成31年2月(予定)
(2期)平成32年2月(予定)
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 未定
新設される国際関係学部及び法学部(旧4号館)の教育・研究を展開させる校舎として、老朽化した7号館、3号館を解体し、1棟の教室棟を建築する予定です。7号館側の1期工事と3号館側の2期工事を並行しながら1期工事を平成30年度末、2期工事を平成31年度末に完成する予定です。

(4)遠望館

真理館建築に伴う研究室の減少を一時的に確保し、第6研究室棟完成後はクラブボックスとして使用するために、総合体育館横テニスコートを1面減らし、建築します。
構造 RC造 地上3階建て
面積 1,317.24㎡(予定)
着工日時 平成29年9月
竣工日時 平成30年6月(予定)
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 鹿島建設株式会社

(5)津ノ国寮

津ノ国寮が老朽化していることもあり、体育寮の強化のため旧神山寮敷地に新しく津ノ国寮を建築しました。新しい津ノ国寮は最大98名(2人部屋49室)の学生が生活できます。
構造 S造 地上3階建て
面積 1,628.55㎡(予定)
着工日時 平成29年9月
竣工日時 平成30年3月(予定)
設計会社 大和リース株式会社
施工会社 大和リース株式会社

(6) サギタリウス館

構造 RC造 地上5階建て
面積 12,158.22㎡
着工日時 平成26年4月
竣工日時 平成28年3月
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 株式会社鴻池組
新設した現代社会学部及び外国語学部(旧3号館)の教育・研究を展開させる校舎として、老朽化した2号館及び保健管理センター棟を解体し、新たな教室棟を建設しました。新築2棟を廊下で接続した形をとり、中央には大階段を配置しています。1階には全学部が利用できるグローバルコモンズを設置し、語学の勉強やコミュニケーション力を向上させることができます。5階テラスから眺める西賀茂の景観や、大階段の眺めも格別です。第5回京都建築賞最優秀賞を受賞しました。
京都建築賞受賞作品アーカイブ

(7)瑞秀庵(茶室)

構造 木造 平屋建て
面積 104.38㎡(予定)
着工日時 平成24年9月
竣工日時 平成26年4月
設計会社 株式会社岡野組
施工会社 株式会社岡野組
創立50周年を記念し、本学の建学の精神に謳われた”日本古来の美しい道徳的伝統を精神的基盤とし、東西両洋の豊かな文化教養を身につけた”人格形成の場としてキャンパス内の菖蒲池の畔に新たに茶室を新築しました。千宗室 裏千家家元より「瑞秀庵(ずいしゅうあん)」と命名され、あわせて扁額もいただきました。

(8)万有館

構造 地上4階地下2階
面積 7,005.12㎡
着工日時 平成24年6月
竣工日時 平成25年9月
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 株式会社鴻池組
理学部(旧2号館)の教育・研究を展開させる校舎として建設しました。
事務室の機能としては、理学部事務室の他、本学入学の窓口となっています「入学センター」事務室を、建物の1階に配置しています。
また、上下左右の学生移動の利便性向上を図るため、三叉路から新校舎にかけてエスカレータの設置と、10号館から12号館を結ぶ歩道拡幅を整備しました。

(9)雄飛館

構造 地上5階建て
面積 3,843.40㎡
着工日時 平成24年6月
竣工日時 平成25年9月
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 清水建設株式会社
2号館と3号館の空間(ピロティー)を活用して、教育及び福利厚生棟として建設しました。
1階には、専門書のほか一般図書を販売する書店。2階は、時間帯を分けて、食堂機能とラーニングコモンズを融合させたスペースにしております。3階には、学生の能動的な学習を支援するラーニングコモンズを設置しています。4階には保健管理セ ンター、学生相談室を移転させ、健康面のサポート体制の充実を図っています。また、7号館から学生自治団体の一部と、放送局が移転しました。
雄飛館西側の空間には、ステージと憩いの空間(ピロティー)を併設しています。

(10)中央図書館 書庫棟

構造 地上3階地下2階
面積 1,408㎡
着工日時 平成23年1月
竣工日時 平成24年9月
設計会社 株式会社日建設計
施工会社 鹿島建設株式会社
現在の中央図書館に併設する形で書庫棟を建設しました。
書庫棟には、希望の図書を、中央図書館メインカウンターからコンピュータ操作により、コンテナを自動で搬送してくる「自動化書庫」(収容冊数約80万冊)を設置しています。
PAGE TOP