京都産業大学における教育の質保証に向けた取り組み

授業アンケート

京都産業大学では、平成12年度より全学的に「授業の相互評価アンケート」を実施しています。

導入から約10年が経過し、過年度の実施から得たデータを概観しながら、「京都産業大学が提供する教育の質の保証」を目的とし、学生に対してより質の高い教育を行うために有用なアンケートとなるよう、各学部・センター、学部FD/SD推進ワーキンググループ等で検討を重ねてまいりました。

平成23年度秋学期には、名称をこれまでの「授業の相互評価アンケート」から「授業アンケート」へと改称し、学部等のカリキュラム改善、授業改善に活用できるアンケート設計にしました。

さらに、平成24年度には、「教員—学生間の授業に関する対話シート」、「学習成果実感調査」へと目的が一目でわかる名称に変更し、実施方法、設問内容についてもさらなる充実をはかっています。

今後は、これらの実施結果を踏まえつつ、学部や大学が掲げる3つのポリシーの達成度の評価や、学習成果の測定が可能となるよう、引き続き改良を重ねてまいります。

授業アンケート

公開授業&ワークショップ

教員、学部等が抱える諸問題または優れた取組を共有し、授業改善のための教員による相互研鑽及び、学部等のカリキュラム改善等に繋げることを目的とし、各学部において「公開授業&ワークショップ」を実施しています。

より効果的な取組となるよう、平成24年度から学部単位で予め「実施テーマ」を設定しています。

公開授業&ワークショップ

PAGE TOP